建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

天井裏には何がある?

公開日: : 最終更新日:2012/10/19 総入場者数 329 人
けんちく , , , , , ,

建築物の、天井裏について書きたいと思います。

天井裏には、まず設備系統の配管関係があります。

種類は、給水管/排水管/換気ダクト/空調ドレン管/雨水ドレン管/スプリンクラー配管などなど。

つぎに、電気関係の配管(ケーブル)があります。

種類は、照明器具接続ケーブル/コンセント用ケーブル/TV線/電話インターネット線/インターホン線などなど。

あとは、天井を形成している下地材があります。

木造以外の建築物では、通常LGSと呼ばれる軽量鉄骨下地材が組まれています。

この下地に、ボード材を張り、天井を仕上げる(クロス/塗装など)工法が通常です。

天井裏には、まだまだいろいろなものが隠れていますので、またアップしたいと思います。

たまには、暇なときにでも天井裏を見てください。

木造住宅だと、押し入れの天井が、固定されていないことが多く(メンテナンスのため)、そこから見ることができることもあります。

また、ユニットバスには、通常天井点検口がついています。

写真は、ユニットバスの換気扇接続ダクト状況です。

天井裏02




**関連記事も御覧下さい**

建築工事の作業状況「アート写真」

今回は、いつもと趣向を変えて、工事現場でわたしが撮影した写真を、紹介します。 工事写真撮影は、現場

記事を読む

天井裏には何がある?(その2)

天井裏に関して、再び書き込みます。 今回は、鉄骨造平屋建の、店舗の天井裏です。 見やすくするため

記事を読む

建築馬鹿(この一冊)

私がこの業界に入り、いろいろな経験をさせていただいた中で、右も左もわからなかった時代に出会い、今でも

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑