建築工事 設備電気工事

わたしが地下水式融雪槽を設置した七つの理由(極寒の旭川)

投稿日:2018年8月17日 更新日:

総入場者数 295 人

とうとう、自宅に地下水式融雪槽を設置しました。

融雪槽02

冬が待ち遠しいです。

記事カテゴリーは、ちょっと迷ったのですが、設備電気工事としました。

地下水式融雪槽のメリット・デメリットを紹介します。

【地下水式を利用するメリット】

(1)無料で使えます
上下水道を利用する融雪槽は、水道の基本料金と使用量に応じた料金がかかります。
地下水の場合、水をくみ上げるポンプを動かす電気代を除けば、基本的に無料です。
特に水道料金が、他の地域より高いエリアでは、その効果は大きくなります。

(2)水温が一定
地下水は地下を流れているため、地表の外気温による影響をほとんど受けません。
そのため、年間を通じて一定の温度を保っています。
つまり、冬場、雪を溶かす融雪槽として、最適の水温となっています。

(3)夏場は、多目的に使用できます
 洗車として、庭の散水として、多目的に使用できます。

(4)災害時でも利用できる
震災などで断水しても、地下水なら利用が可能です。
トイレ問題など、地域住民へ安全な水を提供できるなど社会貢献が可能です。

【地下水式を利用するデメリット】

(1)イニシャルコストが、かかる
地下水を利用するには、まず井戸を掘削する必要があります。
水が出たらポンプなど水をくみ上げる設備が必要になります。
わたしの場合、すべて込みで、70万程度の費用でした。

(2)ランニングコストがかかる
水はタダでも、くみ上げるポンプを動かす電力が必要です。
また、ポンプをはじめ各施設のメンテナンスにもコストがかかります。
ただし、電気代は水道代(上水道料金)に比べて圧倒的に安くなります。
地域にもよりますが、メンテナンスコストを含めても、水道料金より安くなるエリアがほとんどです。

(3)水質・水量が十分でない場合がある
地下水の水位・水量は、場所によって違うため、事前の調査が必要です。
場所によっては、井戸の深さが変わります。
わたしの家は、川が近く、水位は7〜8m程度でした。
よって、井戸深さを、12mとしました。
水量は、浅い井戸の場合は変化しやすく、一定の量を確保できないこともあります。

(4)停電時に使えない
水をくみ上げるポンプは、電気で動作するため、停電時には使えません。

結論として、「水道代がかからない」この一点で、わたしは「地下水式融雪槽」を選択しました。

それでは、その施工手順を記載します。

①設置場所の決定
②掘削〜融雪槽設置
 (↓クリック拡大)

IMG_5837

③ボーリング工事
地下10m程度まで、管を打ち込みました。
④ポンプ設置・配管
⑤電気工事・試運転
(↓クリック拡大)

地下水式融雪槽(北海道)施工手順
とうとう地下水が溢れ出しました。
我が家の土地下に脈々と流れている水が、目の前に流れていると結構、感動します。
⑥外構工事
最後に電気盤を取付、試運転調整後、完了となります。

旭川市の場合、融雪槽設置に対して、補助金が出ます。
その額、15万です。
1期と2期に分かれていて、総額それぞれ2000万と、1000万です。
ということは、1期が130人程度、2期が、65人程度です。
今年は、300人程度が応募していました。
(なんと、抽選でわたしが当たりました。)

冬の雪捨て場に悩んでいる方、ぜひ検討してみてください。

IMG_5867 スクリーンショット_2018_08_13_16_56

施工ビデオをご覧下さい。




-建築工事, 設備電気工事
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.