左官工事

優しく叩いて下さい!左官タッピング工法

投稿日:2009年1月9日 更新日:

総入場者数 8,158 人

左官工事における、タッピングを紹介します。

「タッピング」とは、コンクリート打設時の土間スラブ部分において、コンクリートを流し込んだ後、板状の器具(細かい網目状の金網のような物)を使ってコンクリートの表面を叩く工法です。

コンクリート打設時に、土間をならし棒(とんぼ)で、ある程度平滑に慣らした後に使用します。

叩く(タップする)ことにより、コンクリートの中に入っている気泡を外に出し、密度の高いコンクリートをつくります。

つまり、土間コンクリートに含まれる空気を適度に抜き、閉め固めるために使用します。

タッピングで柔らかいコンクリートを叩くと、大き目の砂利や石が沈むので、表面の仕上げが容易になります。

また、骨材を均一に沈めて、表層部のセメント成分濃度も均一になるため、仕上がりの色むらがでにくく、表面を綺麗に仕上げることが可能になります。

土間の金鏝押さえ仕上げなどには、最適です。

建築工事において、「タッピング」という用語には、もうひとつ、タッピングビスがあります。

このネジは締め込んだ時に、タップを切りながら締まるネジで、要はネジ溝の無いネジ穴に、ネジ自身でネジ溝を切りながら締め込むネジのことです。

関係ありませんが、ギターの弾き方のひとつに、タッピング奏法と呼ばれるものがあるようです。

下記写真は、某現場において、1階の床スラブのコンクリート打設時におけるタッピング状況です↓

(クリック拡大)
左官タッピング01




-左官工事
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.