建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

ウレタン吹付(断熱工法)

公開日: : 最終更新日:2012/10/22 総入場者数 76 人
断熱防露工事 , , , , , ,

RC造のマンションにてウレタンを吹き付けている作業状況です。
作業は、マスクをして行われます。
価格と断熱性能を追求すると、現在コンクリート造では、一番一般的に用いられる工法です。
北海道では、RC造のほとんどが、ウレタン吹付工法を使用しています。
昔は、現場火災の危険がかなりありました。
よく施工後、まだガスが発生しているので、タバコはもちろんすべての火気は厳禁でした。
火災事故もかなり起きていました。
材料の材質変更により、現在は、かなり軽減しています。
品質管理としては、ピンを刺して、厚さの確認をおこないます。
道内の一般的マンションでの吹付厚さは、壁30mmm、スラブ巻き返し下部30mm、上部15mm、最上階50mm程度です。
もちろん、道北と道南では違いますし、北面は、多少厚くしたりすることもあります。
木造住宅などの断熱材として一般的に使われるグラスウールなどは、施工しても、外壁と断熱材の間に必ず隙間が生じます。
その結果、この部分に内部結露が起こり、腐食、断熱性能の低下といった原因となります。
ウレタン吹付は、全面に隙間なく吹き付けるため、外壁との間に隙間ができません。
よって、熱損失や経年変化により断熱性能が低下することがありません。
また、断熱材自体の吸水性が低く、グラスウールなどに比べて断熱性能の低下という経年変化が少ないのも特長のひとつです。
最近は、環境負荷が最小のノンフロン硬質ウレタン発泡方式がおおいようです。
ウレタンの原材料の持っている性質に関して、今後調べてみたいと考えています。
写真の右側の白っぽく見えている部分がウレタン部分です。

ウレタン吹付01
省エネ・断熱・UVカット・結露防止 夜も透けないミラーカーテン幅100cm×丈218cm(2枚組)




**関連記事も御覧下さい**

MAT88_honkonap500

絶対失敗しない複合板打込(外断熱工法)選びのコツ

型枠工事において、断熱材、複合板などをコンクリートと一緒に打ち込む施工方法があります。 これは

記事を読む

ウレタン吹付01

建築工事現場における、ウレタン吹付けの厚さ検査を紹介します!

某マンションにおけるウレタンの厚さを確認する検査状況です。 ウレタン断熱工法に関しては、以前の記事

記事を読む

複合板接着剤塗布01

FRCパネル(外断熱後張り工法)後編

前回に引き続き、FRCパネル(外断熱後張り工法)後編です。 「2.取付け工事前作業」で、記事が終わっ

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑