建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

建築工事における「親綱、支柱、安全ネット」その1

公開日: : 最終更新日:2014/02/22 総入場者数 25,907 人
仮設工事 , , , , , , , , , , , , ,

今回は、仮設工事における親綱、親綱支柱、安全ネットに関して、記述します。

実際いろいろな使用パターンがありますが、鉄骨造平屋建の倉庫を例にとって説明してゆきます。

親綱とは高所作業に用いる安全帯のフックを掛けるロープのことです。
その親綱を張るために用いるのが親綱支柱です。
安全ネットは、墜落を防ぐために張るネットです。
それでは、鉄骨を立てる際に使用する一般的な親綱、安全ネットの設置手順の説明を致します。

高所での作業は基本的に、安全ネットの上であるか、建物端部や安全ネットの無い場所、状態では、親綱への安全帯使用が絶対条件となります。
ここでポイントは、先行設置という考え方の作業手順です。

1.最初に親綱の設置方法です

まず、鉄骨材の玉掛荷揚げをする前に、親綱を梁上に沿わせるように配置します。
この時点で、親綱支柱も一緒に設置します。

下記写真は、某現場における親綱設置状況です↓
(クリック拡大)
親綱設置01 親綱設置02

ここでの注意事項は、高所の作業員が、危険な状態にならないように必ず手の届く範囲に親綱の端部を置くことです。

2.柱に梁を上架し、親綱や支柱の方向などが間違ってないかを確認します。

3.高所での作業員は、前もって設置された親綱に安全帯を掛けて、次の梁を設置します。

下記写真参照↓
(クリック拡大)
親綱設置03 親綱設置04

4.梁の接合が完了したら、相方と確認をして梁の上に載っている親綱の設置をします。

玉外しの作業は必ず親綱設置後におこないます。
設置した親綱に安全帯を掛けて、玉外しをおこないます。

5.以上の作業を繰り返し、親綱を設置します。

親綱支柱間での親綱の最大スパンは9m以内です。
高所での作業をできるだけ効率よく行うことがポイントではないでしょうか。

最近は、「安全帯の二丁掛」が、常識です。
これは、親綱から別の親綱にわたるときに、安全帯を二つ使用し、ひとつのフックを別の親綱に掛けてから、もうひとつの安全帯のフックを外して移動する安全行動です。

次に安全水平ネットの設置方法ですが、これは次回の記事(その2)に致します。

最後に、親綱及び親綱支柱の材料の写真を紹介します↓
(クリック拡大)
左の写真が親綱と親綱緊張器で、右の写真が親綱支柱です。

親綱材料01 親綱支柱材料01




**関連記事も御覧下さい**

建築工事における「親綱、支柱、安全ネット」その2

前回に引き続き「親綱、支柱、安全ネット、その2」を紹介します。 墜落・転落、飛来・落下の予測される

記事を読む

「スノーメルター」と「アカホット」北海道で冬の工事の必需品

前回の記事に引き続き、北海道の冬をどう乗りきるか。 いろいろな知恵と道具を、工事現場では使用してい

記事を読む

「地足場組立」基本中の基本論

地足場組立状況を紹介します。 現場において、基礎工事(地面より下の部分において手作業を行う)の

記事を読む


  • 水本彰雄

    安全ネットの安全基準について教えてください。「安全ネットは、人体、又はこれと同等以上の重さの落下物による衝撃を受けたものは使用してはならない」という安全基準のようなものがあるのでしょうか?またあるとしたら何によって決まってるのでしょうか?教えてください。宜しくお願い致します。

  • 水本さん、コメントありがとうございます。
    調べてみました。

    労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第28条第1項の規定に基づき、墜落による危険を防止するためのネットの構造等の安全基準に関する技術上の指針を次のとおり公表する。。。。
    4-6 使用制限
    次のネットは、使用しないこと。
    (1) 網糸が3-2に規定する強度を有しないネット
    (2) 人体又はこれと同等以上の重さを有する落下物による衝撃を受けたネット
    参考にしてみてください。

    また、下記サイトは、図面もアップされており、わかりやすいです。
    仮設工業会による安全ネットの基準(抜粋)
    http://store.shopping.yahoo.co.jp/netdenet/b2bec0dfb9.html

    私も勉強になりました。
    今後もよろしくお願いします。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik