建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

山留工事(その2)

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 総入場者数 4,605 人
土工事 , , , , , , , , ,

前回「2007-03-31」に引き続き、山留工事です。

親杭横矢板工法を、紹介します。

この工法は、山留工法では最も一般的なものです。

鉛直に設置した親杭(レール、H鋼等)に、掘削の進行に伴って横矢板をかませ、山留め壁としながら掘り進む方法です。

止水性はありませんが、比較的硬い地盤でも、多少の玉石層でも、施工は可能です。

打ち込み時の、振動/騒音が問題になる場合がありますが、オーガー等の削孔併用で低減が可能になります。

ヒービング現象(矢板背面の土の重量によって掘削底面内部に滑り破壊が生じ、底面が押し上げられてふくれあがる現象)の起る様な軟弱粘土層には不適です。

今回施工しているのは、親杭が300*300H鋼+木製横矢板厚さ40mmです。

山留めの管理としては、計測管理が一般的です。

目的は、周辺地盤、隣接構造物、地中埋設物の沈下・移動及び土圧・水圧、山留め架構の応力、変形等を測定し、計画上の諸条件と比較検討して、山留めの崩壊、隣接構造物の転倒、地中埋設物の損傷、周辺地盤の障害の危険を事前に把握して、速やかに対処する事です。

計画で最も重要な事は、計測結果に対して、適切な判断をする事であり、あらかじめ限界となる値を定めておき、その値に近づいてきたとき、具体的な措置がとれるよう準備しておく事です。

通常、山留め壁頭部の移動量を、トランシット、下げ振り等により測定します。

いずれにしても、様々な諸条件を充分把握し、安全第一で施工管理する事が大切であると考えます。

下の写真は、掘削しながら、矢板を入れ込んでいる作業状況です↓

矢板01
掘削と土留め
★★★仮設構造物の設計新刊です(2007年4月発行)




**関連記事も御覧下さい**

建築工事における「山留工事」

山留め工事を紹介します。 山留めとは、地下構造物、埋設物等の施工中、掘削の側面を保護して周囲地

記事を読む

わたしは「シートパイル」が苦手なのです!(山留め工事)

「シートパイル工法」を紹介します。 この Sheet pile 工法とは、過去に何度か紹介して

記事を読む

土工事(その2)

土工事その2です。 写真のように、こういうなにもないところでの掘削は珍しいです。 町中だと、タイ

記事を読む


  • tia

    けんけんちくちく様

    初めまして。流れ流されたどり着きました…

    山留め工事について分かりやすい説明でした。
    突然で申し訳ないのですが
    一般的に山留め工事の際には“計測管理”を行っているのでしょうか?
    うちの隣のマンションは親杭橫矢板の山留め工事をやってましたが
    全く“計測管理”を行っていませんでしたし、
    現場監督も普通はお粉なっていないし
    行う予定がないと言っていました。

    せめて、H杭のトランシットさえ見てくれれば
    安心出来るのですが。
    その辺の所、どうなんでしょうか?

  • tiaさん、コメントありがとうございます。
    私見ですが、計測管理は、施工会社として必ず行うべき安全管理義務だと私は考えます。
    山留めによる事故を、未然に防止するために必要な業務ではないでしょうか。

    機会があれば又、「けんけんちくちく」に寄ってみてください。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik