建築工事 断熱防露工事

ウレタン吹付工法を完璧に施工する3つのテクニック(北海道の寒さ対策)

2018/5/22

現在、RC造で、外断熱工法以外ほとんどの建物は、内部壁・梁・スラブにウレタン吹付を施工します。
つまり、断熱材(スタイロフォームなど)を貼り付けるのではなく、ウレタンを吹くのです。
一般的な厚さは以下の通りです。




ReadMore

建築工事 仮設工事

冬の北海道の工事現場事務所を大公開!

2018/4/18

最近は、北海道でも、冬通しの現場が多くなりました。
今回は、今年の冬に撮影した工事現場事務所を、紹介します!




ReadMore

建築工事 タイル工事

150秒のYoutubeで、床セラミックタイル施工を完全に理解!

2018/1/15

直角の基準をとるため、目地割りに応じ、縦横3~4m間隔に基準のタイルを貼ります。




ReadMore

建築工事 塗装工事

建築工事現場の特殊塗装(インディアートセラ)を「YouTube」で紹介します!

2018/1/9

外壁で使用する塗装材を、ビデオで紹介します。
日本ペイント㈱の製品で、インディアートセラです。




ReadMore

建築工事 鉄筋工事

「鉄筋曲げ加工フック」が初めての人に教えてあげたいちょっとしたコツ

2017/8/17

鉄筋加工にはかかせない「フック」についてです。




ReadMore

左官工事

「白い壁」の神秘の世界「漆喰壁補修」(お寺編)

2017/5/8

漆喰(しっくい)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。




ReadMore

屋根板金工事

こうしてわたしはお寺の「屋根葺き替え工事」を克服しました!

2017/4/10

実は、お寺の屋根葺き替え工事って大変なんです。




ReadMore

防水工事

どんどん進化しているウレタン防水の世界がとっても魅力的!

2017/1/27

というわけで、私は、これからのウレタン防水にとても魅力を感じます。
ただし、以前の記事でも書きましたが、価格ですね。
もっと安価になるべき材料だとは思いますが。。。




ReadMore

杭・地業工事

だれでも3分で理解するH型PCパイル(H-PV工法)

2017/1/11

それでは、H型PCパイルの特長です。。。

1.強度が大きい

PC杭(プレテンション方式のプレストレストコンクリート杭)のため曲げに強く、プレストレストにより取扱い時におけるクラックの心配がありません。
コンクリートの圧縮強度が高く、錆に強く、耐衝撃性にも優れています。
H型の断面(200*200)で、φ250mm円筒杭に比べると周面長が長く、周面摩擦を大きく採用できるため、大きな支持力で建物を支える事ができます。
周長比較 H型 200*4+200*2=1200mm
     円筒型 250*3.14=785mm




ReadMore

仮設工事 土工事

わたしは「シートパイル」が苦手なのです!(山留め工事)

2016/12/26

シートパイルは、鋼矢板(こうやいた)とも呼ばれ、凹凸があり、両端に継ぎ手がついている鋼板です。




ReadMore

鉄筋工事

溶接閉鎖型せん断補強筋(柱帯筋)

投稿日:2007年12月30日 更新日:

総入場者数 6,860 人

RC造(鉄筋コンクリート構造)の鉄筋工事において、柱の剪断破壊(せんだん破壊)に抵抗するための鉄筋を、フープ筋または帯筋といいます。
柱の主筋の外回りに水平に巻いて配筋します。
通常の帯筋の他にスパイラル筋と称する螺旋状に連続した形状もあります。
この形状は、継目がないため強度が均一になります。
最近、高層の建築物などでは、「溶接閉鎖型せん断補強筋」と呼ばれる材料が多用されるようになってきました。
これは、電気抵抗溶接(フラッシュバット溶接)によって閉合したせん断補強筋です。
せん断補強筋の溶接部の強度は、母材強度と同等以上の強度を有しています。
継ぎ手が無いため、地震などによって大きな変形が起こっても耐力低下が少なく、安全性の高い構造物の建設が可能となっています。
特長として、定着用の余長、継手がいらず、重量の軽減が図れます。
また、フックが無いため、コンクリートのまわりがよくジャンかなどの発生を少なくし、均一な打設ができます。
フラッシュバット溶接とは、車のボディー等に使われている溶接方法で、溶接材料の介在をせず高電圧による圧接方式です。(従来はアプセットバット溶接と呼ばれていました)
従来のフープを使用している建物において、震災などで、フックが伸びきってはずれ、柱が圧縮力に耐えきれなくなり、座屈し、ワンフロアーだけつぶれてしまうというような事故が起きております。
それだけにフープの性能は非常に重要です。
溶接閉鎖型剪断補強筋は、たくさんのメーカーにていろいろな品名にて、販売されています。
一般的に、加工径は、D10~D16(SD295A、SD345、SD390)、最小加工寸法は、300×300です。
高強度棒鋼を使用した製品もあります。
柱により高い強度と粘り強さをもたせ、耐久性、耐震性を高めています。
近年、鉄筋コンクリート構造建築物の高層化に伴い、RC部材のせん断補強筋に高強度鉄筋を採用するケースが増えており、高強度棒鋼に対する需要も高まっています。
鉄の高騰とともに、災害に対する安全意識が高まっています。
経済性を考慮することも大切ではありますが、今後この分野での技術推進は、ますます発展していくと確信しております。
下記は、某マンションの柱帯筋の写真です。

hoop02 hoop01
鉄筋コンクリート造建築物の品質管理および維持管理のための試験




-鉄筋工事
-, , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.