建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

建築馬鹿(この一冊)

公開日: : 最終更新日:2012/10/25 総入場者数 351 人
けんちく ,

私がこの業界に入り、いろいろな経験をさせていただいた中で、右も左もわからなかった時代に出会い、今でも手元においてある、貴重な本があります。
それが今回紹介する「建築馬鹿」と名打つ本です。
既に30年近く前に読んだこの本は、現在読んでも私の心を打ちます。
ひとことで言えば、施主、設計者、施工者、全員馬鹿ですよと。
100人に一人、利口者がいるとすれば、この世の中の建物で、まともな建物は、100*100*100=100万であるからにして、100万件に一件ですよと。
強烈な批判とも、皮肉ともいえる毒舌にて、書き綴っています。
他にも「一級建築士制度は、素人だましにしか使えない!」などなど
ここまで、書いていいのかとさえ感じます。
ある意味、特殊な業界の一つと考えられる建設業界であり、特に最近は信用度、信頼度が地に落ち切っているなかで、この本は、30年も前から根本的な問題点を綴っていたのではないでしょうか。
建築にまつわる法規、制度はかなりの部分において変わってきていますが、一番大切な事は何かを痛切に考えさせる一冊であると確信します。
今回記事に取り上げるにあたって、調べてみたところ、全部で「5巻+選集」が発行されていて驚きました。

建築馬鹿〈第1集〉どろぬま建築論 (1969年) 矢田 洋
建築馬鹿〈第2集〉脱出編 (1970年) 矢田 洋
建築馬鹿〈第3集〉イチャモロジー (1971年) 矢田 洋
建築馬鹿〈第4集〉感情建築論 (1973年) 矢田 洋
建築馬鹿〈第5集〉妄想から家学へ (1975年) 矢田 洋
建築馬鹿・選集 矢田 洋 (単行本 – 1994/2)

出版は、株式会社鳳山社です。
建築関連本を多く出している出版社としては、「彰国社」が有名ですが、鳳山社も、厳選された建築関係のいくつかの本が出ています。
その中でも、この建築馬鹿シリーズは、ヒットではないでしょうか。
昔の本ですが、秋の夜長に読んでみてはいかがでしょう。

建築馬鹿01

建築馬鹿・選集 建築馬鹿・選集
矢田 洋
鳳山社 1994-02
売り上げランキング : 735635
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools




**関連記事も御覧下さい**

わたしが現場でつくった「建築工事の工程表」を、ごらんください!

工事現場において、「工程表」は必ず作成しなければならない、大切なプロジェクトです。 大きく種類を分

記事を読む

建築物と、私のブログのランニングコスト

ちょっといつもと視点を変えて、最近思うことを書いてみます。 「ランニングコスト」の観念を、現在

記事を読む

竣工式が、<起工式>?

建物が完成すると、竣工式を行う場合が多々あります。 つまり、建築主が工事関係者に工事が完成した

記事を読む


  • 「建築馬鹿」この本が好きデス!!・・・そんなわけで~“けんけんちくちく”をコピーさせていただきブログに紹介しましたので~宜しく!!

  • 山下さんへ。。
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    また、ブログを拝見させていただき、今後とも紹介していただければ幸いです。
    宜しくお願い致します。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik