建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

アスベスト処理 (レベル3) その2

「アスベスト処理」の続きです。
前回は、「3.養生作業(石綿則第14条)」まで、記載しました。
それでは引き続き、某現場におけるレベル3の作業手順を紹介します。
4.区画養生作業
外部建具周りを、粘着テープを使用して、密閉します。
その他、アスベスト粉じんが、外部に流出するおそれがある箇所(換気口等)は、ポリエチレンシートを使用して、密閉します。
下記写真は、現場内の養生状況です↓
(クリック拡大)
アスベスト養生01

また、作業場所には、下記写真のような掲示をします↓
(クリック拡大)
アスベスト掲示01

次に、撤去作業です。
5.撤去作業
・作業員は、防じんマスク・保護めがね・保護衣を着用します。
・アスベスト成形板からの、粉じんを抑制するため、散水を行ないます。
下記写真は、散水状況です↓
(クリック拡大)
アスベスト散水状況01

・アスベスト成形板の撤去作業は、可能な限り破壊または破断を伴わない方法で行うものとし、原則として、「手ばらし」とします。
手ばらし状況写真です↓
(クリック拡大)
アスベスト撤去01

・撤去作業者は、作業場退出時、粉じんを場外へ持ち出さないよう、体全体に掃除機をかけてから、退場します。
・撤去したアスベスト成形板は、ポリエチレン袋に、密封します(ガムテープによる密封)。(石綿則第32条)
袋詰め状況です↓
(クリック拡大)
アスベスト袋詰め01

・撤去作業終了後、残存粉じんの再飛散を防止する為、作業場全体を高性能フィルター付き真空掃除機で清掃します。
下記写真は、清掃状況です↓
(クリック拡大)
アスベスト掃除機02

レベル3のアスベスト撤去作業は、これで完了です。

ただし、アスベスト廃棄物の処理は、この後、集積/運搬、処分に至る最後の最後迄、いろいろな決まり事があります。
この辺は、またの機会に致します。
レベル3の現場での処理を、2回にわたり紹介しました。
レベル1、2に関しては、多少の経験はあるのですが、資料不足で、更なる学習を経てのちに、UP致します。
まだまだ日本国内には、アスベストを使用している建物が多く存在しています。
決まり事をきちんと守り、安全な撤去作業を心掛けるべきと感じています。

アスベスト問題―何が問われ、どう解決するのか (岩波ブックレット)
防じんマスク 作業レベル2,3対応アスベスト(石綿)対策用防じんマスク  DR80N3




**関連記事も御覧下さい**

上屋解体・作業手順(4階建て建築物)

2012年、最初の記事です。 以前書いた「RC造の建築物における、解体工法の種類と特性」では、

記事を読む

解体現場に設置「騒音計・振動計」

以前、解体工事の現場を請負いました。 内容は、4階建のRC住居を6棟(杭抜き含む)、CB造平屋物置

記事を読む

2011年初春 – マニフェスト

あけましておめでとうございます。 さて、昨年末から、「35.産廃処理」「05.建設リサイクル法」の

記事を読む


  • わい

    今日こちらのサイトをはじめて拝見しました。

    私は地方の小さな役場で建築関連の事務をしています。
    30を越えた今になって、どうしても「現場に携わる仕事がしたい!」と思い
    日々勉強しているところです。

    しかし、仕事が事務なものですからどうしても現場を実際に見る機会が少なく
    勉強をしたところで、どうしても机上の知識にしかなり得ないのが現状です。

    今回このサイトを拝見して、実際の現場写真を多数見ることができ
    折れかけていた心に勇気をいただきました。

    しっかり勉強をして、現場に出る機会を得て、いつか遅咲きでも
    施工者さんと共に作り上げる日がくるよう努力したいと思います。

    長々と大変すみません。。。

    女のクセにお料理苦手な私にとって、お料理記事も大変参考になりました(笑
    ありがとうございます。

    また、しっかりとすみずみまで拝見します。

    がんばる勇気をありがとうございました。

  • わいさん、はじめまして。
    心温まるコメントありがとうございます。
    今後もよろしくお願いします。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑