建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

ビデオで学ぶ建築現場「埋戻転圧状況」

公開日: : 最終更新日:2014/02/16 総入場者数 2,236 人
土工事 , , , , , , , , , , , , , , ,

今回は、建築工事現場における、埋戻し(うめもどし)状況を、ビデオにて紹介します。

以前、土工事「埋戻転圧状況」という記事(2007年1月8日)にて、埋め戻し手順などを、紹介しました。

埋戻しとは、建築物の基礎及び地下工事が終わった後の空隙部分に、土砂を埋め戻して現状に戻すことを指します。
使用する土(埋め戻し土)は、根切り(掘削)土、または購入土などを、使用します。

さて、紹介するビデオは、某建築工事現場の埋め戻し状況です。

「You Tube」に、アップしました。
早速ご覧ください↓(表示されない場合は、再読込して下さい)

今回のビデオでの埋戻しは、ホイル式バックホウを使用しています。
この機械は、地盤のよいところで機動的に利用され、道路沿いの付帯工事などでよく使われます。
なんといっても、道路を自走できるところが、長所ですね。

また、バックホウが入って行けない箇所は、レッカーにモッコを使い、埋戻しをしています。

表面の転圧には、ランマ―プレートを使用しました。
転圧手順は、過去記事土工事「埋戻転圧状況」を御覧ください。

埋め戻し作業において、
掘り起こした土は、堅さや粒度が埋め戻しに適さない場合も多く、そのような場合は、搬送して再生または処分します。
また、敷地内に掘削土を仮置きする場所が確保できない場合も、場外搬出となります。
他に、その場で土質を改良(土壌改良)して、埋設用に適した土として再利用することもあります。

もちろん掘削規模に応じ、十分な締固め(転圧)が必要となります。
これらの作業手順を含め、土質などを検討し、適切な計画のもとに、施工することが大切です。

建築工事標準仕様書・同解説 JASS 3・土工事および山留め工事、JASS 4・杭・地業および基礎工事
【送料無料】 施工技術 土工事・コンクリート工事・基礎工事 / 小林康昭 【単行本】




**関連記事も御覧下さい**

建築工事における、土工事(その3)

建物を建てる際に、必ず必要になる工種が土工事です。 基礎を築造するためには、地面を掘削し、支持

記事を読む

土工事

土工事は、20年現場を、やっていても、非常に、気をつかいます。 まず土質による、積算数量の、ちがい

記事を読む

土工事「埋戻転圧状況」

建築工事現場のオイルタンク周りの埋め戻し状況です。 一般的に、埋め戻し土には腐食土や粘性土の含

記事を読む


  • 基礎を構築すると必ず施工される「埋戻し」ですが、ビデオを撮る機会がなかなかありませんでした。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑