"/>

塗装工事 改修・改築工事

塗床(ぬりゆか)の塗替え工事

投稿日:2011年9月11日 更新日:

総入場者数 1,964 人


塗床の、塗替え工事を紹介します。

塗床工事は、以前も一度、記事「塗床工法(フェロコンハード)」にしています。

今回は、既存の工場の床を、耐久性エポキシ床材で、塗替える工法・手順です。

塗替え工事で、一番大切なことは、現場を事前に、十分調査することです。

この調査結果を検討し、材料の種類、作業工程、などが決定されます。

塗床は、多くの工場・倉庫・事務所などの床面に、施されています。

経済的で、耐久性・機能性等に優れた材料です。

しかし、塗床もハードな条件下では、次第に傷んできます。

また、材料の耐久性にはもちろん限界もあり、劣化も進んできます。

床用の塗料に求められる機能・性能は、下記です。

美観、
耐久性・耐摩耗性、
耐候性、
耐荷重・耐衝撃性、
耐薬品性・耐油性、
耐水性⇔透湿性、
防汚性能・防塵性・抗菌性、
清潔性・清掃の容易さ、
強度⇔柔軟性、
下地との相性、
安全性(防滑性)、
クラック追従性、
速乾性(業務への影響)、
環境性能(VOC含有度)、
作業性(施工時の)、
タッチアップ性(補修の容易さ)、
経済性

既存床のこのような機能・性能を変えること無く、塗替え工事をおこないます。

手順は以下です。

床用塗料の塗替え工事 施工手順

【1】下地調査 下地の材質、状態を確認します。(傷み、汚れ、割れ…等)
【2】撤去調整 既存の床の塗床材を撤去し、サンディング処理を行います。
【3】素地調整 下地の汚れ落とし、突起物、ゴミ・ダスト、クラック・不陸の修正、目荒らしなどを行ないます。

下記写真は、某建築工事現場の、塗床撤去状況です↓

(クリック拡大)

床研磨機(ハツリ機・ポリッシャー)などを使用して、床材を撤去しています↓

(クリック拡大)

その後は、一般的なエポキシ塗床の工程・作業手順となります。

以下、次回とします。

塗り床ハンドブック
水系ボウジンテックス200 4kgセット 水性エポキシ塗床材 約15m2分塗料販売




-塗装工事, 改修・改築工事
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.