建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

とても大きい吸盤で、とても大きいガラスを入れました!

公開日: : 最終更新日:2014/04/14 総入場者数 1,834 人
硝子工事 , , , , , , , , , , , ,

街中のきらびやかな店先で輝いているショールーム、ショーケース。
そこで使われている、とっても大きいガラスを、嵌め込む作業を、紹介します。
ポイントは「吸盤」です。
硝子の持ち運びには、欠かせない道具です。
「タコ」という呼称もあるようです。
硝子はその性質上、かなりの重量があり、また破損しやすく、運搬には気を使わなければならない材料です。
切断面はとても鋭く、危険です。
ガラスを枠にはめる際などは、ガラスを手で持つことが出来ない為、ガラス吸盤を使って持ち上げます。

このガラスを揚重するときに使う大きな吸盤状の道具は、吸盤ハンドリング機、吸着パッドなどとよばれています。
吸着盤の原理を応用して作られた真空吸着式運搬器です。
着脱はワンタッチシステムの構造になっています。
板ガラスなど板状の物体を持ち運びをする際に、レバーを押し下げることによって、ゴムの部分と相手方(被吸着面)との間が真空状態となり、吸着力を保持するのです。

それぞれの吸盤によって、垂直吸着保持力が規定され、吊ることのできる重さが決まっています。
また、ガラス表面が平らな材料(透明ガラス)と、凹凸のある材料(型ガラス)で、使用する吸盤の種類が違います。
最近は、建築床材であるOAフロアなどを施工する際にも、この吸盤が使用されています。

吸盤取り扱い上の注意として、下記があります。
1.濡れたガラスには絶対に使用しない(濡れていると、滑ります。雨の日厳禁)
2.吸盤器の吸着面およびガラス面は、乾いた布等でよく拭いてから(ゴミなどを除去してから)使用する。
3.厚さの異なるペアガラスの場合は、できるだけ厚いガラスに吸着させる。

下記ビデオは、某建築工事現場にて、高さ3.6mの硝子を嵌め込んでいる作業状況です。
硝子一枚の重量は、約200kgです。
ゴム製の大型パットが4個付いている、充電式の大型吸盤機を使用しています。
なかなか見られない作業の一つです。
御覧ください↓

とにかく、ガラスを扱っている職人さんにとって、この吸盤はなくてはならない道具の一つです。
これから先も、より優れた「道具」の一つとして、改良されていくと思います。
下記サイトにて、いろいろな吸盤機が紹介されています↓
「ATEC」

建具・硝子工事 (絵で見る建設図解事典)
[送料無料!]防音断熱窓に加えてエコもインプラス!二重窓 2枚建引違い 単板ガラス インプラス …




**関連記事も御覧下さい**

硝子01

板ガラス取付状況(建築工事編)

硝子工事に関しては、以前ガラスブロックの記事を掲載しただけで、今までは一度もありませんでした。

記事を読む

gb02

ガラスブロック積工事

ガラスブロック積み工事を紹介します。 ガラスブロックとは中が空洞になった箱型のガラスです。

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑