建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

ビデオと写真で確認!建築現場で使っている内装材

公開日: : 最終更新日:2014/06/24 総入場者数 338 人
内外装工事 , , , , , , , , , , , , , , , ,

今回は、内装工事に使用される材料を紹介します。

一般的に内装材といえば、室内を装飾する材料の事を指します。
つまり、屋内空間を構成する建築材料の一般的な呼び名です
カーテン、カーペット、壁紙、床材などや、窓、ブラインド、ロールカーテン、カーテンレール、家具や照明器具、ドア、ブース・パーティションなども含まれる事が多いです。
和室では襖や畳表、障子、欄間などの事も指します。

今回は、実際に現場で使用した、内装材、ボード類を部位別に紹介します。
最初に、日本の天井といえばこれがとても多い「ジプトーン」と、岩綿吸音板、各種ボード類を、ビデオにて御覧ください↓

内装材は、目的や用途によって非常に多くの種類があります。
それぞれの材料の特徴・知識を得ることが、とても大切なことです。

それでは、部位別に紹介します。

■ 内装材の種類

<床>
天然木フローリング、合板フローリング、コルクフロアー、クッションフロア、絨毯・カーペット・タイルカーペット、石・タイル、Pタイル、ビニールタイル、ビニールシート、畳、石材、竹、塗床、左官仕上げ・・・

下記写真参照↓
(クリック拡大)

床材は、とても種類が多く、その部屋の使用目的によって選択することが非常に大切です。

<壁>

ビニールクロス、布クロス、自然素材壁紙(和紙・ケナフ・・)、木材(天然、合板)、左官仕上げ、塗装仕上げ(漆喰、じゅらく壁、珪藻土)、石張り、タイル張り・・・

下記写真参照↓
(クリック拡大)

壁の仕上げとしては、現在、ビニルクロス材が一般的です。

「ビニールクロス」の使用理由は、「価格が安い・経済的である」が最も多く、それ以外にも「色・柄・機能などの種類が豊富」、「従来から使用し扱い慣れている」、「いつでも安定入手可能」などが多いようです。

<天井>

ボード類(ジプトーン、岩綿吸音板)、ビニールクロス、布クロス、自然素材壁紙(和紙・ケナフ・・)、木材(天然、合板)、竹、籐、左官仕上げ、板金、スパンドレル、塗装仕上げ・・・

下記写真参照↓
(クリック拡大)

以上が、床・壁・天井の主要な内装材です。

ちなみに、今後使用してみたい内装材のトップは、珪藻土だそうです。
やはり、環境にやさしいというところでしょうか。
湿気の調整効果・有害物質吸収効果・シックハウス対策などを考慮すると、頷けるのではないでしょうか。

わたしも、数回、施工しましたが、下地をきちんと施工しないと、クラックが発生します。
例えば、
クラック防止目地を多めに入れるとか、ボードを2枚張るとか、構造下地(木・鉄骨)部分を、強化するなどの工夫は、検討したほうが良いと思います。

内装材に対して、今後、求められる要求は、

1.「ホルムアルデヒド放散量 F ☆☆☆☆等級」,(これは現在すでに必須条件です)
2.「いつでも安定的に入手可能」,
3.「価格が従来品と同等以下」,
4.「補修・メンテナンスがしやすい」,
5.「価格が安定」
上記の5条件が、求められています。

それでは、最後に、内装材を選択する際に、注意すべき事項です。

1.内装材はカタログだけや写真だけで選ばず、大き目の現物サンプルを取り寄せて、選ぶ。

主要な部屋の、床・壁・天井などは、
カタログや写真ではわからない素材の質感と、施工面積の仕上がりイメージを確認することが大切です。
特に柄の入ったクロス材などは、大きなサンプルでみると、思っていたイメージと異なる場合があります。
イメージがつかめなければ、設計者やインテリアコーディネータ、メーカーのショールームなどで聞くことも検討要素です。

2.全体のバランスを考慮する。

いろいろな内装材があるからといって、あれもこれもと多くの種類を使用しないで、バランスを考えることが大切です。
特殊な素材はポイントをしぼり、配色、空間の落ち着きなど、インテリア面からの配慮も必要です。
内装材を選ぶということは、インテリアを決定づけますから、同じ要素の照明器具、家具、家電製品などとのバランスを考えることも大切になります。

3.メンテナンスを考える。

また、メンテナンスの違う素材を使いすぎると手入れが大変になりますから注意が必要です。
例えば、汚れなどが付く可能性の高い部屋に、清掃が困難な材料(絨毯など)を使用するのは、一考しなければなりません。
また、アフター面を考えて、手入れ方法の確認をしておくことも必要です。

4.材料の機能にあった選択をする。

これは、一番大切なことで、それぞれ、特徴がありますので、その部屋に最適な材料を、選択すべきです。

現在は、ネットなどでも簡単に材料を確認することができますので、選択する際は利用してみてはいかがでしょうか。

「サンゲツ」カタログ紹介
「リリカラー」カタログ紹介

Panasonic 壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具 乾電池式 EZ3802
【送料無料】 解体新居「病気にならない家」を造る 「家造りに迷った…」ときに読む本 / 榎本馨…




**関連記事も御覧下さい**

10分で理解する3度目の「GL工法」

今回は、以前2度紹介している「GL工法」について、記述します。 過去記事・・・ 以前、1

記事を読む

ソフト巾木取付状況(内装工事)

巾木取付を紹介します。 「巾木(はばき)」とは、床と壁の継ぎ目で、壁の最下部に取り付ける細長い横板

記事を読む

歩行がときめく「ネダフォーム」の魔法(床下地工法)

床の下地工法には、いろいろありますが、今回は「ネダフォーム」を紹介します。 「ネダフォーム」と

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑