建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

福島県「太っちょなみえ焼きそば」

公開日: : 最終更新日:2014/04/15 総入場者数 127 人
その他 , , ,

先日、知り合いの方に、いただきました。
福島県双葉郡浪江町の「太っちょなみえ焼きそば」です。

この焼きそばは、日本一太い麺の焼きそばです。
腰のある麺とオリジナルソースが、とても美味しいです。

わたしは、学生時代、福島県郡山で4年間を過ごしました。
浪江町には行ったことがなかったのですが、福島県はいろいろ歩き回りました。

以前の記事「東北地方太平洋沖地震」で書いていますが、現在の福島県の状況を、毎日心配しております。

頂いた焼きそばは、箱パックになっており、6食入りでした↓
(クリック拡大)

麺がとっても太く、これだけ太いと麺に味がうまくからまないのではないかと杞憂しましたが、「ソース」とのマッチングがベストでした。
一食分として、麺とソースと、ラードと、ぴりっとした一味唐辛子が入っています。↓
(クリック拡大)

 

作り方は、ふたとおり書いてあり、その一つは、豚肉ともやしにて作る方法でした。
もう一つは、「自分流でかまいません」と書いてあり、ユニークさを感じました。

それでは、作り方です。

1.バラ肉50g、もやし170g以上、麺170gを用意します。
今回、私の冷蔵庫の中には、豚肉ももやしもなくて、下記の材料で作成しました。
鳥もも肉、レタス(この食材は、何かと重宝しており、最近はよくみそ汁に入れるのです)、白菜、ちょっとだけラー油。。。

2.ラード油をひいたフライパンにバラ肉を入れ、きつね色になりましたらもやし170g以上を入れます。

下記写真は、鶏肉と野菜を炒めている状況です↓
(クリック拡大)

3.もやしがしんなりしたら麺を入れ、湯を少々加え、麺がほぐれたらソースを入れて炒めます。

麺をほぐしています↓
(クリック拡大)

4.ソースが全体にしみわたったら出来上がりです。

ボリューム感も相当なもので、満足しました。
6食のうち2食は、上記で紹介した材料で食しました。
1食は、ベーコンと玉ねぎで作ってみました。
結論として、材料はたぶん、何を入れてもおいしいのではないでしょうか。
もちろん、豚肉ともやしも作ってみようと思っています。

なみえ焼きそばの公式ブログです↓
浪江焼麺太国公式ブログ

これからも福島を応援してゆきます。

日本全国B級グルメ最新ガイド




**関連記事も御覧下さい**

東北地方太平洋沖地震

今回の、東北地方太平洋沖地震にて、被災地で地震や津波の被害に遭われた方々へ、心からお見舞い申し上げま

記事を読む

はじめまして

これからゆっくり、はじめます。 建築工事現場、料理、Macに関して、UPしてみます。

記事を読む

2013年を振り返って。。。(生活環境の変化)

2013年も、あとすこしで終わりです。 今年は、19個の記事を書きました。 昨年(2012年)は

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik