建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

屋根の雨漏れを、ウレタン防水で完全修復 その2

前回に引き続き、既存屋根のウレタン防水改修工事です。

「その1」では、作業フローチャートの「2.下地の清掃」迄を紹介しました。
今回は、いよいよ「3.防水の施工」からです。

1)パラペット部下地処理

①パラペット部の既存ゴムシート防水層の汚れ除去と接着力向上のため、水性エポプライマーを塗布します。

②自着絶縁シート層を重ね張りします。
笠木とは30mm程離し、床面には50〜100mm程張り出し、ガラスクロスW=100程度にてDSカラー0.3㎏/㎡で両端部押さえとします。

2)床面下地処理

①塩ビシート防水層のしわは、切開して自着絶縁シートにてパッチ当てをします。

②浮き・あばれ対策として一定の範囲を定めて樹脂アンカープレートを打ち込みます。

3)床面プライマー塗布

①塩ビシート下地用プライマーを0.1㎏/㎡ローラー刷毛などで均一に塗布します。

②既設塩ビシートのジョイントおよびパッチ補修周りはW=100程度ガラスクロス補強を行ないます。

4)ウレタン防水層

①パラペット部にDSカラー立ち上がり用を1.5㎏/㎡鏝、ゴムベラなどで塗りつけます。

②床面にDSカラーを1.3㎏/㎡鏝、ゴムベラなどで流し延べします。

③1層目の硬化後、床面、パラペット部にDSカラーを再び1.5㎏/㎡鏝、ゴムベラなどで流し延べします。

5.保護塗料の塗布

1)トップコートの塗布

①乾燥硬化後(指触でべたつきがない状態)所定の配合比で充分攪拌混合したエクセルトップを各所全面ローラー刷毛などで均一に0.2㎏/㎡塗布します。

6.点検/完了

1)施工箇所のすべてを点検確認します。

2)作業場所・廃材などの集積場所、すべての片付けを行ないます。

3)ドレンストレーナーをタールエポにて塗装後、復旧します。

4)施工完了後は、2日間養生を行ってから使用します。

ここまでが、作業の流れです。

次回最終回は、使用材料・使用量などについて、紹介いたします。

わかりやすい建築工事〈5〉防水工事 (series BUILDING COMICS)
【送料無料】フローン01ベランダセット(5m2用) 【1液ウレタン防水】【smtb-TD】【saitama】【…




**関連記事も御覧下さい**

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その2

前回に引き続き、HT工法を紹介します。 材料納入/保管方法です。 防水材のルーフィング類は縦積みとし

記事を読む

シーリング工事

RC造の、外壁目地をシーリングしている状況を紹介します。 以前の記事ウレタンガンとシーリングガンに

記事を読む

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その1

今回は、屋根防水工法のひとつである、HT工法を紹介します。 この工法は、工期短縮・コスト削減を特徴と

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑