建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

建築物解体工事

公開日: : 最終更新日:2012/11/05 総入場者数 520 人
解体工事 , , , , , ,

解体工事に関して、記述します。

近年、産廃処理問題、アスベスト問題、土質汚染問題などなど、公害に対する認識が高まってきています。

建物を造るのではなく、解体する作業は、これからも増えていくと考えます。

平成12年に、建設リサイクル法がもうけられ、コンクリート、アスファルト、木材など特定資材を用いる建築物を解体する際に廃棄物を現場で分別し、資材ごとに再利用することが、解体業者に義務づけられました。

「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」です。

第一章総則を、紹介します。

(目的)第一条  この法律は、特定の建設資材について、その分別解体等及び再資源化等を促進するための措置を講ずるとともに、解体工事業者について登録制度を実施すること等により、再生資源の十分な利用及び廃棄物の減量等を通じて、資源の有効な利用の確保及び廃棄物の適正な処理を図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

——————————————————————————————
解体作業は、計画書を作成し、手順書に基づき作業を進めていきます。

解体作業計画書は、作業場所の条件に合せて作成する必要があります。

記述する項目として、作業所名、作業所長名、 担当者名、作業概要、作業期間、作業人員、使用機械、使用工具、保護具、資格免許(移動式クレーン運転士、玉掛技能講習、電気工事士、ガス溶接作業主任者等)、作業区分、 作業手順、作業の要点、危険予知、安全対策等を計画します。

作業開始までの、手順を下記に記述します。

A.新規入場者教育

B.作業開始前ミーティング
・当日の作業を確認する。
・服装・保護具等の点検及び健康状態を確認する。
・指揮命令系統により作業員の配置を確認する。
・オペレータとの合図を確認する。

C.作業手順KYの実施

D.作業開始前点検
・作業開始前に機械工具及び玉掛け用具等の点検を各担当者が実施する。
・機械の故障により事故が発生する。
・作業開始前に確実に点検・記録し,確認を受ける。
・不良箇所は確実に修理する。

E.関係者以外立入禁止措置の実施
・作業範囲をバリケード,カラーコーン,ロープ等で囲み看板等で立入禁止措置を行う。
・近隣対策上の仮設物の確認

F.解体用機械の設置
・荷さばきに都合が良く、部材最大重量を考慮した適正な位置に設置する。

G.作業開始
——————————————————————————————————
解体工事は、非常に危険を伴う作業です。

また、近隣との、騒音、粉塵等のトラブルが起きないように、事前協議が欠かせません。

下記写真は、某倉庫を解体している作業状況です。

カテゴリーは「00.けんちく」にしました。

解体工事01




**関連記事も御覧下さい**

RC造の建築物における、解体工法の種類と特性

前回に引き続き「36.解体工事」です。 今回は、RC造における、解体工法の種類と特性を紹介します。

記事を読む

アスベスト処理 (レベル3) その1

新年第2弾は、アスベストをちょっとかじってみます。 また今回から、「36.解体工事」のカテゴリーを作

記事を読む

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

前回に引き続き、カテゴリ-「35.産廃処理」を取り上げてみます。 また、000.建築関連法に、

記事を読む


  • 辛口です。
    解体中の散水作業員の立ち居地が明らかに瓦礫の上のような気がするのは私だけでしょうか?
    立ち居地としてはもっと安全な場所がよいのでは、解体中は瓦礫が崩れたり、不安定な足元での作業に置いて転倒なども考えられます。
    それが難しければ、散水やぐらの設置やスプリンクラーの採用など考えられたほうがよいと思います。

  • 解体作業員の散水位置が不安定な場所での作業なので、散水やぐらや、スプリンクラーの採用を検討されてはいかがでしょうか?
    瓦礫の倒壊や、転倒の危険性が考えられます。

  • Linksさん、コメントありがとうございます。
    おっしゃる通りです。
    安全に留意していない典型的な写真になってしまったことを、反省しております。
    忌憚のない意見を、これからもお聞かせください。

  • Links

    Ninaさんは大先輩には失礼かと思いますが心の大きな方と思います。
    私も建設改革と掲げる以上、発信する言葉にも注意をしているのですが、その分ほかの情報にも注意を言わせてもらう場面がありました。しかしそのコメントは削除、間違った情報のままです。これからもお互いにより良い建設業界になることを願いましょう。

  • Linkさん、こんばんわ。
    「何が正しくて、何が間違っているのか、常に頭の中で噛み砕いて、自分の人生の大義に基づき、判断し行動する。
    そして、常にぶれない」
    こんなことをぼんやり考えています。
    仕事においても、日常生活においても。
    私は、常にぶれっぱなしですが。。。。。。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik