建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

過去に紹介した、鉄筋工事のまとめ記事

公開日: : 最終更新日:2014/04/20 総入場者数 3,062 人
鉄筋工事 , , , , , , , , , , ,

今までに、カテゴリー「鉄筋工事」は、20回紹介しています。

鉄筋組立0616
(クリック拡大)

鉄筋工事は、施工する際に、たくさんの決まり事・基準があり、技術・知識が要求されます。

今回は、これらの過去記事を分類してみようと思います。

最初に、時系列で並べてみます。(末尾括弧内の数字は、コメント数です)

 

これらを、わかりやすく分類し、説明します。

1.基礎鉄筋

この記事が一番新しい鉄筋工事の記事です(1年近く前になりますが)
ビデオを観ていただければ、基礎の鉄筋組立手順がわかると思います。

2.柱筋

柱筋の、組立施工管理項目を中心に記事を書いています。

柱の帯筋である「溶接閉鎖型せん断補強筋」を紹介しています。

3.梁筋

梁筋の組立も、技量が必要になります。
梁枠の中で、鉄筋を組む事が出来ないので、上部にて組立て、完成してから落とし込むのですが、
その作業状況を、今後はビデオにて紹介したく、現在資料を集めています。

4.壁筋

壁筋に関しても、一度しか記事にしておらず、いろいろな基準、制約がありますので、さらに紹介してゆきます。

5.スラブ筋

壁筋と同じく、さらなる記事を紹介する予定です。

6.圧接工事および試験

圧接および鉄筋試験に関しては、この5つの記事を読んでいただければ、概略はつかめると自負しております。
特に、ガス圧接のビデオは、手順含め理解しやすいと思います。
今後、もう少し技術的に突っ込んだ記事が書ければと、考えています。

7.加工および組立

加工組立に関しては、3回記事にしていますが、まだまだいろいろな加工方法、組立手順などを、今後紹介してゆきます。

8.補強筋

ここでは、一般開口補強と、杭頭補強接合を記事にしています。

他にも補強筋では、下記があります。

A.梁貫通補強筋
B.柱・梁増打補強筋
C.スラブ端部補強筋
D.床版段差補強筋
E.打継部補強筋
F.他

9.その他

ワイヤメッシュ(溶接金網)は、スラブ以外に壁開口補強にも使われたりします。
資料をそろえて、今後紹介します。

以上、過去の「鉄筋工事」を、まとめてみました。

どうした日本〈2〉頑張れコンサル編―「ここが変」鉄筋工事の設計・監理学
【送料無料】 マンガで学ぶ建物の配筋 増補改訂版 / すずき清志 【単行本】




**関連記事も御覧下さい**

いつだって考えるのはパイルスタッドのことばかり

杭頭補強接合工法を紹介します。 杭頭と基礎との接合方法は、建築工事共通仕様書において、半固定(

記事を読む

僕は少しずつ「鉄筋のかぶり確保」の話ができるようになっていた。

鉄筋を組み立てる際の大切な注意事項として、かぶり厚さ確保があります。 コンクリートと鉄筋との付

記事を読む

建築工事現場の、基礎鉄筋組立状況(ビデオ編)

建築物の基礎鉄筋を組み立てている状況を紹介します。 むかし、わたしが若いころ、鉄の棒をどうやって組

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑