建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

帳場の一日(その7)定例会議

公開日: : 最終更新日:2013/10/22 総入場者数 947 人
帳場の一日 , , , , , , , , ,

久しぶりの帳場の一日シリーズです。

去年の3月以来です。

今回は、定例会議に関して記述致します。

シチュエーションは、以前と同様で下記とします。

1.工事名 ○○○店舗新築工事
2.構造規模 鉄骨造2階建、延床面積 5,000m2
3.工期 2007/3/30〜2007/11/30
4.請負金額 600,000,000円
5.現場員 所長含め4名 A所長、B副所長、C主任、D職員

通常、現場にて行われる、施工に関する会議を「定例会議」などと称します。

週1回程度行われることが多く、お互いの都合を確認し、開催曜日、時間を決めます。

会議内容は、様々ですが、一般的な内容は以下です。

1.前回定例内容確認、打合せ
2.今回定例内容確認、打合せ
3.施工関連(建築・設備)質疑応答
4.各現場書類/施工図提出、返答
5.現場視察確認
6.次回定例日確認
7.分科会(各専門分野での打合せ)

参加者は、建築主関係者、設計監理関係者、施工関連業者です。

さて、現場状況です。。。

A所長
「B副所長、明日の定例に、○○食品の営業部長が、同行するそうだ。
○○開発課長といっしょに少し早めにやってきて、現場を視察するという段取りらしい」

B副所長
「はい、わかりました。現場の案内経路を確認しておきます。
時間がはっきりしましたら教えてください」
「主任、明日の定例の資料は出来ていますか?」

C主任
「はい。これです」

B副所長
「前回、未決だった1階C通りの設備PS寸法変更は、その後どうなっている?」

C主任
「はい、設備、電気と再打合せをし、詳細図におとしこみましたので、明日再確認を致します」

B副所長
「見せてくれ」。。。。

定例の前は、なにかとあわただしいものです。

当日になり、出席者が集まってきました。

設計事務所がやってきました。
「ごくろうさまです」「ごくろうさまです」

他の関係者も集まってきました。

いよいよ会議が始まります。

司会進行は、B副所長です。

「みなさん、おつかれさまです。

これより、第7回の、定例会議を始めます」

以下、次回に続きます。

定例会議状況です↓
定例会議01

私のお勧めする最近の、代理人の在り方の書籍です↓




**関連記事も御覧下さい**

帳場の一日シリーズ。。。とっても寒い安全大会です!(冬の北海道編)

ひさしぶりの「帳場の一日シリーズ」です! ここは、旭川。 工事現場は朝礼で始まります。 マイナ

記事を読む

帳場の一日(施工図チェック)

久しぶりの帳場の一日シリーズです。 今年の2月24日(定例会議)以来です。 今回は、現場主任であ

記事を読む

帳場の一日

先日、帳場の仕事という記事を書きましたが、今回より帳場の一日を紹介します。 工事現場を次のように仮

記事を読む


  • ショコラ

    このシリーズの更新を待ち続けていました。
    カテゴリーで一番好きなのです。
    続き、楽しみにしています。

    ところで、ご迷惑でなければ教えて下さい。
    下請け業者が元請けの作業着を着ていることがあります。
    これはどういう理由からなのでしょうか。

  • ショコラさんへ。
    コメントありがとうございます。
    私のわかる範囲で質問にお答え致します。
    建設業法の中に、下記の文章があります。
    第3章 建設工事の請負契約
    第1節 通 則
    一括下請負の禁止)
    第22条 建設業者は、その請け負つた建設工事を、如何なる方法をもつてするを問わず、一括して他人に請け負わせてはならない。
    質問の内容から察するに、帳場(現場職員)を他の会社から出向してもらい、現場管理の手伝いをしてもらっているのではないでしょうか。
    上記のように全ての作業を一括させることは、法に触れますが、細則があり元請主導にて現場を管理しているのであれば問題ありません。
    ただし、社会的観念からも顧客には話しておくべきでしょう。
    同じ作業服を着ているのは、現場管理において、現場内作業者全員に役割をはっきりさせるためだと考えます。
    他の理由としては、たまたま作業服のメーカーが一緒だったりすることもたまにはありますが。。。
    私の見解としては以上です。
    これからもたくさんのコメントをおまちしております。

  • ショコラ

    詳細なご説明、ありがとうございました。
    なるほど「出向で手伝い」というケースもあるのですね。
    察するに、それに該当すると思われます。
    職長クラスに相当するのか、着用はその人物だけ。
    元請の社名入り作業服・ヘルメットですので
    役割的にそうしているのかもしれません。

    しかし不思議です。
    社員を増やすよりも、そうした方が得策なんでしょうかね?

    勉強になりました。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik