"/>

帳場の一日

帳場の一日(その7)定例会議

投稿日:2008年2月11日 更新日:

総入場者数 1,178 人


久しぶりの帳場の一日シリーズです。

去年の3月以来です。

今回は、定例会議に関して記述致します。

シチュエーションは、以前と同様で下記とします。

1.工事名 ○○○店舗新築工事
2.構造規模 鉄骨造2階建、延床面積 5,000m2
3.工期 2007/3/30〜2007/11/30
4.請負金額 600,000,000円
5.現場員 所長含め4名 A所長、B副所長、C主任、D職員

通常、現場にて行われる、施工に関する会議を「定例会議」などと称します。

週1回程度行われることが多く、お互いの都合を確認し、開催曜日、時間を決めます。

会議内容は、様々ですが、一般的な内容は以下です。

1.前回定例内容確認、打合せ
2.今回定例内容確認、打合せ
3.施工関連(建築・設備)質疑応答
4.各現場書類/施工図提出、返答
5.現場視察確認
6.次回定例日確認
7.分科会(各専門分野での打合せ)

参加者は、建築主関係者、設計監理関係者、施工関連業者です。

さて、現場状況です。。。

A所長
「B副所長、明日の定例に、○○食品の営業部長が、同行するそうだ。
○○開発課長といっしょに少し早めにやってきて、現場を視察するという段取りらしい」

B副所長
「はい、わかりました。現場の案内経路を確認しておきます。
時間がはっきりしましたら教えてください」
「主任、明日の定例の資料は出来ていますか?」

C主任
「はい。これです」

B副所長
「前回、未決だった1階C通りの設備PS寸法変更は、その後どうなっている?」

C主任
「はい、設備、電気と再打合せをし、詳細図におとしこみましたので、明日再確認を致します」

B副所長
「見せてくれ」。。。。

定例の前は、なにかとあわただしいものです。

当日になり、出席者が集まってきました。

設計事務所がやってきました。
「ごくろうさまです」「ごくろうさまです」

他の関係者も集まってきました。

いよいよ会議が始まります。

司会進行は、B副所長です。

「みなさん、おつかれさまです。

これより、第7回の、定例会議を始めます」

以下、次回に続きます。

定例会議状況です↓
定例会議01

私のお勧めする最近の、代理人の在り方の書籍です↓




-帳場の一日
-, , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.