建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

壁紙材料(クロス編)

過去に2度ほどクロスに関する記事を掲載しました。
2006/12/25天井クロス張状況、2007/11/18クロス張り(内装工事)
今回は、材料に関して記述いたします。
そもそも建築工事における、壁紙とは可撓性のあるロール状またはシート状の壁紙のことをあらわします。
通常は、建物の壁面や天井面等の内装仕上げに用います。
建築業界では「クロス」とも言われています。
他の仕上げ材料に比べ、クロスは上から貼るだけで下地を隠し、安価でスピーディーに工事ができるという経済性を持ち合わせた仕上材です。
特にビニールクロスは加工しやすく、高い印刷技術によっていろいろなデザインの種類があり、様々な建物の、新築からリフォームに至る迄、使用されています。
ただし最近では環境における汚染が、指摘されています。
つまり、材料が含んでいる化学物質が健康に与える影響や、焼却時に有害物質を発することによる環境汚染です。このことにより、素材における塩化ビニル使用量を減らしたり、不揮発性の可塑剤(かそざい)を目指すなどの取り組みが行われています。
また、建材や家具に使われる化学物質によって、アレルギーや吐き気、めまいなどがおこる、シックハウス症候群も、問題になっています。
その原因と考えられる化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、フタル酸ジエチルヘキシルなど)に対しても充分な対策をとる必要があります。

現在の、壁紙はいろいろな機能を備えています。
列記しますと、
1.汚れ防止・抗菌機能
2.スーパー汚れ防止(ミラクロス)
3.スーパー耐久性
4.吸放湿性
5.表面強化
6.消臭
7.耐水性
8.マイナスイオン
9.ホルムアルデヒド消去
10. 蓄光
その他にも防火性、カビ抑制、防塵、吸音、ほつれ防止などの機能を持ったクロスもあります。

一番大切なことは、建物の用途にマッチし、住環境を充分考慮し、適正な仕上げ材料を検討し決定することではないでしょうか。
下記写真は,ビニルクロスと、クロス用接着剤の材料です↓
クロス材料01 クロス用接着剤01




**関連記事も御覧下さい**

鋼製床下地(アクセスフロアー)後編

前回に引き続き、鋼製床下地の後編です。 各使用材料まで、紹介しました。 それでは、作業手順です↓

記事を読む

内装工事(天井PB張)

某店舗の、天井にプラスターボード9mm(PB9mm)を貼付けている作業状況です。 下地の軽量材に、

記事を読む

床張用接着剤塗布状況

内装工事において、床を張る際に接着剤を塗布します。 建築工事共通仕様書における、ビニル床シート、ビ

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik