建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

土の崩壊を防ぎます!矢板を入れているビデオです。

公開日: : 最終更新日:2014/02/09 総入場者数 5,881 人
土工事 , , , , , , , , , , , , , , ,

以前の記事「山留工事(親杭横矢板工法)」で、土留め工事において、矢板を入れている状況を、もっと知りたいというコメントがありました。

私も、記事に出来ればと思っていましたので、今回ビデオにて、紹介いたします。

最初に、矢板の仕様です。

矢板面積  150㎡
矢板の厚さ 30m/m
平均切断寸法 1、420m/m

次に、横矢板入れ作業手順です。

1. 矢板を入れる所の長さを測る。
2. 矢板の切断をする。
3. 矢板を必要量、配置する。
4. 裏の土を、矢板が入る程度、掘削する。
5. 矢板を入れる(根伐底より矢板1枚分掘下げる)。
6. 裏込めをする。
7. キャンバー締めを行う。
8. キャンバー押え桟木を取付ける。
9. H鋼とH鋼との間隔が、設計寸法より大きくなれば、矢板の問にバタ角を入れる。
10. 埋設物があれば、周りの矢板の補強をする。

横矢板は、親ぐい(H鋼)のフランジに十分かかる長さのものを用います(3㎝以上)。

よって今回は、親杭(200*200H鋼)間が1500㎜なので、長さが1360㎜以上の板を、使用しています。

それではさっそく、ビデオをご覧ください。

矢板入れ作業は、土止め支保工作業主任者の指示のもと、的確な安全作業が要求されます。

施工計画書(組立計画)及び、横矢板厚さ計算書の確認はもちろん、準備作業、機械工具の点検、仮設施設の点検など、周到な準備も必要となります。

建築工事標準仕様書・同解説 JASS 3・土工事および山留め工事、JASS 4・杭・地業および基礎工事 軽くて強いアルミ矢板【3.0m】【送料無料】土留用材 アルミ矢板 HAY3833N 3.0M ホーシン(hoshi…




**関連記事も御覧下さい**

建築工事における「山留工事」

山留め工事を紹介します。 山留めとは、地下構造物、埋設物等の施工中、掘削の側面を保護して周囲地

記事を読む

建築基礎工事における「砂利地業」

建物基礎の、地業工事です。 一般的に、地業工事とは、基礎や基礎スラブを支えるために、それより下

記事を読む

ビデオで学ぶ建築現場「埋戻転圧状況」

今回は、建築工事現場における、埋戻し(うめもどし)状況を、ビデオにて紹介します。 以前、土工事「埋

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑