建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

土間下の防湿シートと断熱材

「カテゴリー22.断熱防露工事」です。

「断熱塗装 on 2011年2月27日」以来ですから、2年4ヶ月ぶりです。

今回は、建物の床下を処理する、防湿と断熱についてです。

コンクリートの土間の下には、一般的に防湿の目的で、ポリフィルムなどを敷きます。

通常は、厚さが、0.1㎜もしくは、0.15㎜が使用されます。

床下すべてに敷くことが多いです。

それでは、土間下のポリフィルム敷き込み状況です。
(クリック拡大)

土間下断熱01

土間下断熱02

土間下断熱03

 

 

 

 

 

叉、断熱のため、断熱材(スタイロフォーム等)を敷きます。

基礎に断熱をした場合、床下地面の熱は、基礎を迂回するように、外に流れます。

土間断熱の場合、外周部の土間下のみを断熱するのが、一般的です。

その際、断熱材の床巻き返し(冷却部分)は、900㎜程度です。

断熱材25㎜の敷込状況です。
(クリック拡大)

土間下断熱05

土間下断熱04

 

 

 

 

 

断熱・防湿・防音が一番わかる (しくみ図解)
楽天スーパーセールで買いそびれた方に・・・ アフターSALE!店内全商品ポイント10倍!!輸入…




**関連記事も御覧下さい**

絶対失敗しない複合板打込(外断熱工法)選びのコツ

型枠工事において、断熱材、複合板などをコンクリートと一緒に打ち込む施工方法があります。 これは

記事を読む

ウレタン吹付(断熱工法)

RC造のマンションにてウレタンを吹き付けている作業状況です。 作業は、マスクをして行われます。

記事を読む

建築工事における「山留工事」

山留め工事を紹介します。 山留めとは、地下構造物、埋設物等の施工中、掘削の側面を保護して周囲地

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑