建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

鉄骨造を火災から守る「耐火塗料」について、とてもわかりやすく、語ります。。。(経験談)

今回は、カテゴリー17.耐火被覆工事の、「耐火塗料」です。

鉄骨を、耐火被覆する工法は、数種類あります。

以前、紹介した記事は、下記です。

2007年6月10日・・耐火被覆「マキベエ」は、とても環境に優しいです。

2008年6月15日・・岩綿吹付工法(耐火被覆)

2013年8月12日・・岩綿吹付状況を、ビデオで見よう!(建築物耐火被覆)

今回の「耐火塗料」も建築物の耐火対策の一つです。

鉄骨の柱・梁などに、直接塗布して使用します。
(塗膜厚さは、1〜4mm程度)

その材料が、火災時などに、200〜300度の熱が加わると発泡します。

そして、塗膜が、25〜40倍くらいに膨らみ、断熱層を形成し、鉄骨への熱の伝達を抑えるのです。

「耐火塗料」による耐火塗装は、他の工法と違い、外観は鉄骨に塗装を施しただけのように見えます。

よって、鉄骨そのものを建物の意匠として、露出させることが出来るのです。
(内部の面積を少しでも有効に使用できます)


これが、耐火塗料の一番の特徴です。

つまり、塗装と同じように鉄骨に塗り、それ自体で仕上げになるということです。

ただ、通常の塗装とは違い、鋼材(鉄骨)の厚さや大きさに応じて耐火材としての 必要膜厚が異なります。

よって、膜厚管理や既定の塗膜厚を塗布するには、相応の手間と技術を要します。

材料費は、岩綿吹付け工法などと比較すると、高価となります。

メーカーにより、ウェスタ、タイカリット、セラタイカ、タイカコート 他、いろいろな種類があります。

耐火塗料は、建築基準法で材料認定を取得する必要があります。

認定内容には、1時間と2時間の耐火認定があります。

さて、私が今回、使用した材料は、日本ペイント㈱の「タイカリット」です。

屋内にも、屋外にも使用できます。

下表が、メーカーの仕様表です↓
(クリック拡大)

1時間耐火仕様工程

 下記写真は、最初の工程で、下塗りの、サビ面露出損傷部に使用する材料と、塗装状況です。

「ハイポン 20 デクロ(変性エポキシ樹脂塗料)・ハイポンエポキシシンナー」
(クリック拡大)

耐火塗料03 耐火塗料04

 続いて、主材の、材料です↓

「タイカリットS-100ベースコート、ベースコート用シンナー」
(クリック拡大)

耐火塗料01 耐火塗料02

 次に、現場にて、主材の塗装吹付け状況(耐火層)の写真です↓

(クリック拡大)

耐火塗料05 耐火塗料06

さらに、主材の塗装吹付け2回目と、上塗り(色づけ)状況の写真です↓

(クリック拡大)

耐火塗料07 耐火塗料08

 施工上の注意事項です。 (日本ペイント㈱「タイカリット」パンフレットより抜粋)

(l) 乾燥は低温時に著しく低下し、乾燥過程で種々の塗膜欠陥を生じることがありますので、5℃以下の気温が連続する場合、施工しない。

(2) 塗装時ならびに 塗料取り扱い時は換気を十分行い 、火気厳禁です。

(3) 一度に厚塗りすると、乾燥不良となり、種々の問題を起こしますので、適当な膜厚で塗装する。

(4) 雨がかかると塗膜が流れたり、塗膜性能が出ない場合がありますので、雨養生を行なう。

(5) 塗付け量はロスを含まない塗付量で、膜厚は標準の数値です。
被塗物の形状 、素地の状態、 気象条件、希釈率および測定機器 ・測定方法により幅を生じます。

(6) 鋼材の厚さによって耐火性能を付与する膜厚が異なります。

(7) 作業前に容器に記載している「安全衛生上の記載事項」を参照ください。  

 この工法は、上塗り塗料の色選択が可能ですので、幅広い色彩が施工出来ます。

また、優れた付着性があり、従来の耐火被覆材のように、剥離・脱落がありません。

鉄骨造の様々な、建造物に霞適です。
(下記参照)

劇場/映函館/オフィスピル/ステーシヨンピル/
公共施設/病院/ホテル/ケアセンター/
学校/体育館/美術館/図書館/スポーツ施設/
百貨店/展示場/ショッピングセンター/
ショールーム/倉庫/工場/精密機械工場/駐車場/工レベーター/空港/
などなど。。。

ただし、現状コスト面から、耐火被覆には岩綿吹付け工法が一般的です。

今後、もう少し価格が経済的になれば、この工法の需要は、爆発的に拡大すると思います。

14 世界で一番やさしい建築用語 (エクスナレッジムック 世界で一番やさしい建築シリーズ 14)《送料無料》鉄骨耐火の新材料と新工法




**関連記事も御覧下さい**

火災を防ぐ!驚愕の岩綿吹付工法(耐火被覆)

以前の記事にて、耐火被覆工法の一つとして、「マキベエ」と名打つ、巻付け工法を紹介しました。 今

記事を読む

耐火被覆「マキベエ」は、とても環境に優しいです。

巻付耐火被覆材を紹介します。 耐火被覆とは、建築基準法において、耐火構造を必要とする建築物の柱

記事を読む

水系塗料「つや有合成樹脂エマルションペイント塗」は環境に優しい!

塗装の種類は多々あり、いままでも4回記事にしています。 今回は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「

記事を読む


  • 先日うちの現場の少しの鉄骨で検討して
    高いので諦めました。

    ホント安くなれば普及すると思います。

    FB友達申請しました。
    よろしくお願いします。

  • ゼネコンマンさん、コメントありがとうございます!
    耐火塗料は、確かに高価ですが、今後の可能性は、高いと感じています。
    手間・工程などを、考慮すると、需要は増えるのではないでしょうか。

    オリンピックのいろいろな建物など、うってつけではないでしょうか。
    これからも、よろしくお願い致します。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑