建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

建築工事現場における 「鉄筋圧接部 超音波探傷試験」概略

1994年、鉄筋のガス圧接工事標準仕様書において、鉄筋ガス圧接部の検査における主たる検査方法の位置づけが、従来の引張試験から、外観検査と超音波探傷検査に変わりました。

最近は、超音波探傷試験が主流となっています。

また、国土交通省大臣官庁営繕部「建築工事共通仕様書」では、鉄筋ガス圧接部の抜取試験方法は超音波探傷試験を標準としています。

原理としては、超音波を鉄筋圧接部に照射し、その反射波を検出することにより、内部の欠陥の有無を測定します。

測定器は、超音波探傷器を使用し、斜角探触子を検査部分にあてがいます。

圧接部に鉄筋軸方向から2反触子K走査法で超音波を入射させると、圧接面が完全に金属結合して欠陥が存在しなければ入射波は圧接面を通過し、反射しません。

しかし、圧接面に欠陥が存在すればそれによって超音波が反射され、その反射波から得られる情報を使って圧接部の評価を行うことができます。

下図参照↓(クリック拡大)

抜取引張試験に比べて、超音波検査は、下記の長所があります。

  • その場で合否判定の結果がでます。
  • 実際の構造物に使う部材の判定ができます。
  • 必要に応じて全数検査が可能です。

超音波探傷試験手順です↓

1.1ロットは、1組の作業班が1日に行った圧接箇所とします。

2.試験の箇所数は1ロットに対し30箇所とし、ロットから無作為に抜き取ります。

3.試験方法及び判定基準は、JIS Z 3062(鉄筋コンクリート用異形棒鋼ガス圧接部の超音波探傷試験方法及び判定基準)によります。

4.試験従事者は、当該ガス圧接工事に関連がなく、超音波探傷試験の原理及び鉄筋ガス圧接部に関する知識を有し、かつ、その試験方法等について十分な知識及び経験のある者とし、証明する資料等を監督職員に提出します。

5.ロットの合否判定は、ロットのすべての試験箇所が合格と判定された場合に、当該ロットを合格とします。

6.不合格ロットが発生した場合の処置は、合格ロットはそのまま受入れ、不合格ロットは全数検査とします。

7.圧接工事の中止および再開

不合格ロットが発生した場合、圧接工事を中止し、工事の再開は、欠陥の発生原因調査、発生防止措置を施した後に、監理・責任技術者の承認を得なければなりません。

以上が作業手順です。

抜取引張試験手順を示している、以前の記事(鉄筋圧接引張試験5/3)と比較してみてください。

超音波試験が抜取引張試験に比べ、如何に品質管理に適しているのか明確になると思います。

某マンション現場における圧接部超音波試験状況です↓

左が柱筋で、右側が梁筋の試験です。(クリック拡大)

現在、超音波検査は、主流となり、鉄筋工事を管理する上で欠かせないものとなっています。

JISハンドブック(非破壊検査 2007)




**関連記事も御覧下さい**

いつだって考えるのはパイルスタッドのことばかり

杭頭補強接合工法を紹介します。 杭頭と基礎との接合方法は、建築工事共通仕様書において、半固定(

記事を読む

基礎鉄筋組立状況

鉄筋工事は、たいへんです。 施工管理に関しては、工事写真、配筋検査、圧接検査、ISOに関する様々な

記事を読む

建具製品検査

建築工事においては、現場ではなく、工場にて製作するものがあります。 代表的なものでは、鉄骨、サッシュ

記事を読む


  • 佐々木照彦

    超音波探傷検査において、1ロッド30箇所で合格との判定を行う理由は何ですか?1班がだいたい200箇所圧接を行い30箇所の超音波探傷検査でOKだというのがどうも納得いきません。教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 佐々木さん、コメントありがとうございます。
    「超音波探傷検査において、1ロッド30箇所で合格との判定を行う理由」ですが、この箇所数が適正なのかどうなのかは、私もわかりません。
    目視による外観検査は、継手全数ですので、総合的に判断できるという見解なのかもしれません。

    下記文献が、現在の検査方法に関して記述してあります。
    「鉄筋継手の非破壊検査法について
    新たな研究の流れも含めて」

    また、何かございましたら、コメント願います。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik