建築工事 断熱防露工事

ウレタン吹付工法を完璧に施工する3つのテクニック(北海道の寒さ対策)

2018/5/22

現在、RC造で、外断熱工法以外ほとんどの建物は、内部壁・梁・スラブにウレタン吹付を施工します。
つまり、断熱材(スタイロフォームなど)を貼り付けるのではなく、ウレタンを吹くのです。
一般的な厚さは以下の通りです。




ReadMore

建築工事 仮設工事

冬の北海道の工事現場事務所を大公開!

2018/4/18

最近は、北海道でも、冬通しの現場が多くなりました。
今回は、今年の冬に撮影した工事現場事務所を、紹介します!




ReadMore

建築工事 タイル工事

150秒のYoutubeで、床セラミックタイル施工を完全に理解!

2018/1/15

直角の基準をとるため、目地割りに応じ、縦横3~4m間隔に基準のタイルを貼ります。




ReadMore

建築工事 塗装工事

建築工事現場の特殊塗装(インディアートセラ)を「YouTube」で紹介します!

2018/1/9

外壁で使用する塗装材を、ビデオで紹介します。
日本ペイント㈱の製品で、インディアートセラです。




ReadMore

建築工事 鉄筋工事

「鉄筋曲げ加工フック」が初めての人に教えてあげたいちょっとしたコツ

2017/8/17

鉄筋加工にはかかせない「フック」についてです。




ReadMore

左官工事

「白い壁」の神秘の世界「漆喰壁補修」(お寺編)

2017/5/8

漆喰(しっくい)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。




ReadMore

屋根板金工事

こうしてわたしはお寺の「屋根葺き替え工事」を克服しました!

2017/4/10

実は、お寺の屋根葺き替え工事って大変なんです。




ReadMore

防水工事

どんどん進化しているウレタン防水の世界がとっても魅力的!

2017/1/27

というわけで、私は、これからのウレタン防水にとても魅力を感じます。
ただし、以前の記事でも書きましたが、価格ですね。
もっと安価になるべき材料だとは思いますが。。。




ReadMore

杭・地業工事

だれでも3分で理解するH型PCパイル(H-PV工法)

2017/1/11

それでは、H型PCパイルの特長です。。。

1.強度が大きい

PC杭(プレテンション方式のプレストレストコンクリート杭)のため曲げに強く、プレストレストにより取扱い時におけるクラックの心配がありません。
コンクリートの圧縮強度が高く、錆に強く、耐衝撃性にも優れています。
H型の断面(200*200)で、φ250mm円筒杭に比べると周面長が長く、周面摩擦を大きく採用できるため、大きな支持力で建物を支える事ができます。
周長比較 H型 200*4+200*2=1200mm
     円筒型 250*3.14=785mm




ReadMore

仮設工事 土工事

わたしは「シートパイル」が苦手なのです!(山留め工事)

2016/12/26

シートパイルは、鋼矢板(こうやいた)とも呼ばれ、凹凸があり、両端に継ぎ手がついている鋼板です。




ReadMore

鉄筋工事 試験・調査

建築工事現場における 「鉄筋圧接部 超音波探傷試験」概略

投稿日:2008年10月26日 更新日:

総入場者数 12,781 人

1994年、鉄筋のガス圧接工事標準仕様書において、鉄筋ガス圧接部の検査における主たる検査方法の位置づけが、従来の引張試験から、外観検査と超音波探傷検査に変わりました。

最近は、超音波探傷試験が主流となっています。

また、国土交通省大臣官庁営繕部「建築工事共通仕様書」では、鉄筋ガス圧接部の抜取試験方法は超音波探傷試験を標準としています。

原理としては、超音波を鉄筋圧接部に照射し、その反射波を検出することにより、内部の欠陥の有無を測定します。

測定器は、超音波探傷器を使用し、斜角探触子を検査部分にあてがいます。

圧接部に鉄筋軸方向から2反触子K走査法で超音波を入射させると、圧接面が完全に金属結合して欠陥が存在しなければ入射波は圧接面を通過し、反射しません。

しかし、圧接面に欠陥が存在すればそれによって超音波が反射され、その反射波から得られる情報を使って圧接部の評価を行うことができます。

下図参照↓(クリック拡大)

抜取引張試験に比べて、超音波検査は、下記の長所があります。

  • その場で合否判定の結果がでます。
  • 実際の構造物に使う部材の判定ができます。
  • 必要に応じて全数検査が可能です。

超音波探傷試験手順です↓

1.1ロットは、1組の作業班が1日に行った圧接箇所とします。

2.試験の箇所数は1ロットに対し30箇所とし、ロットから無作為に抜き取ります。

3.試験方法及び判定基準は、JIS Z 3062(鉄筋コンクリート用異形棒鋼ガス圧接部の超音波探傷試験方法及び判定基準)によります。

4.試験従事者は、当該ガス圧接工事に関連がなく、超音波探傷試験の原理及び鉄筋ガス圧接部に関する知識を有し、かつ、その試験方法等について十分な知識及び経験のある者とし、証明する資料等を監督職員に提出します。

5.ロットの合否判定は、ロットのすべての試験箇所が合格と判定された場合に、当該ロットを合格とします。

6.不合格ロットが発生した場合の処置は、合格ロットはそのまま受入れ、不合格ロットは全数検査とします。

7.圧接工事の中止および再開

不合格ロットが発生した場合、圧接工事を中止し、工事の再開は、欠陥の発生原因調査、発生防止措置を施した後に、監理・責任技術者の承認を得なければなりません。

以上が作業手順です。

抜取引張試験手順を示している、以前の記事(鉄筋圧接引張試験5/3)と比較してみてください。

超音波試験が抜取引張試験に比べ、如何に品質管理に適しているのか明確になると思います。

某マンション現場における圧接部超音波試験状況です↓

左が柱筋で、右側が梁筋の試験です。(クリック拡大)

現在、超音波検査は、主流となり、鉄筋工事を管理する上で欠かせないものとなっています。

JISハンドブック(非破壊検査 2007)




-鉄筋工事, 試験・調査
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。