• 佐々木照彦

    超音波探傷検査において、1ロッド30箇所で合格との判定を行う理由は何ですか?1班がだいたい200箇所圧接を行い30箇所の超音波探傷検査でOKだというのがどうも納得いきません。教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 佐々木さん、コメントありがとうございます。
    「超音波探傷検査において、1ロッド30箇所で合格との判定を行う理由」ですが、この箇所数が適正なのかどうなのかは、私もわかりません。
    目視による外観検査は、継手全数ですので、総合的に判断できるという見解なのかもしれません。

    下記文献が、現在の検査方法に関して記述してあります。
    「鉄筋継手の非破壊検査法について
    新たな研究の流れも含めて」

    また、何かございましたら、コメント願います。

トップに戻る
モバイル デスクトップ