「建築関連法」 一覧

建築工事に関連している法律を紹介。


カテゴリ一覧

労働安全衛生法 安全管理

重機の積込みには危険がいっぱい!(危険予知訓練)建築工事現場編

今回は、重機の積み卸しの際に起こりうる災害について考えてみました。

ユンボ(重機)の事故は、段差乗り越え時や、車両の積み卸しの時が一番多いそうです。

乗車中の横転は、即死亡事故にもなりかねません。

それでは早速、危険予知訓練です。




労働安全衛生法 仮設工事 安全管理

足場解体時の災害事故例

土建区分 建築
工事区分 解体工事(足場組立)
災害種類 墜落・転落
事故の型 墜落
職種   鳶工
年齢   19歳
発生年月 200×年×月
発生時刻 15時50分
負傷程度 両足骨折(頚骨)
経験年月 1年9ヶ月
現場就労日数 60日
請負次数 三次

建設業法 けんちく

技能士選定通知書の作成

とある現場(役所)にて、技能士選定通知書を作成し、提出することになりました。
今回は、この「技能士」に関して、記事に致します。

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

建設リサイクル法の概略

「コンクリート、アスファルト、木材など特定資材を用いる建築物を解体する際に廃棄物を現場で分別し、資材ごとに再利用することを解体業者に義務づける」
このような法律です。

労働安全衛生法 安全管理

すぐに使える災害防止協議会テクニック3選(労働安全衛生法第30条)

特定元方事業者及びすべての関係請負人が参加する協議組織を設置すること。

建築基準法 建築関連法

「一級建築士 定期講習」体験談

平成18年12月20日に公布された新建築士法では、建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの建築士定期講習が義務付けられます。
 この建築士定期講習は、1日(講義及び○×式の修了考査、一級建築士定期講習6時間以上、二級及び木造建築士定期講習5時間以上)の講習となり、建築士事務所に属する建築士は、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う建築士定期講習の課程を修了することとされております。

建設リサイクル法 建築関連法 解体工事 産廃処理

2011年初春 - マニフェスト

マニフェスト

建設リサイクル法 建築関連法 解体工事 産廃処理

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.