"/>

「 クレーン 」 一覧

安全管理

333(さんさんさん)運動・・・工事現場の安全活動に、おすすめです!

そこで、吊荷を地面から30cm上げた箇所で、吊荷から3m離れた場所で、3秒間静止状態を確認する。
つまり、地切りした状態で静止させ、吊荷の安定性を保持するという行為です。
これを、玉掛作業の「3・3・3運動」と呼びます。




鉄骨工事

ビデオで観る「鉄骨建方状況」建築工事編

ビデオで観る「鉄骨建方状況」建築工事編 鉄骨建方は、非常に危険が伴います。
重大災害にもつながります。

型枠工事

建築工事現場における、梁型枠取付の安全作業手順を、紹介します!

今回は、型枠工事です。 過去に9回、型枠取付けに関して記事にしています。 RC造において、梁の型枠を地組みして、レッカー等にて吊り込んで設置する工法は、よく行われます。 その場合の安全作業手順を、紹介 ...

労働安全衛生法 建築関連法 安全管理

車両系建設機械誘導時の合図方法

これらの規則に基づき、建設現場において、いろいろな合図方法がおこなわれています。
「グーパー運動」もその一環です。

一般共通事項 仮設工事

本当は恐い!工事現場の「玉掛作業」その2

「玉掛」は、作業の安全性と深く関与しており、作業手順を守ることが、非常に大切になります。

労働安全衛生法 建築関連法 安全管理

本当に車両系建設機械作業計画書って必要なのか?

「機械が転倒するおそれのある場所・労働省令で定める場所において、作業をおこなうときは、元方事業者として関係請負人に対して、関係請負人が危険防止措置が適切に講ぜられるよう、技術上の指導をするとともに、危険防止のための必要な資材の提供や関係請負人と共同して、危険防止の措置を講じなければいけない」

一般共通事項

建設工事現場における「玉掛(たまがけ)作業」

玉掛(たまがけ)作業とは、ワイヤーロープなどで荷物をクレーンなどのフックに掛けて、安全に移動させるための作業を指します。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.