"/>

「 断熱 」 一覧

土工事 断熱防露工事

土間下の防湿シートと断熱材

コンクリートの土間の下には、一般的に防湿の目的で、ポリフィルムなどを敷きます。通常は、厚さが、0.1㎜もしくは、0.15㎜が使用されます。床下すべてに敷くことが多いです。




防水工事

屋根のシート防水を16枚の写真で紹介(建築工事現場)

サンタックIBシートは、可塑剤に高分子可塑剤(ポリメリック可塑剤)を用いて作られているため、可塑剤の移行・揮散・浸出が少なく、経年しても寸法安定性(厚み・幅・長さ)がよく、耐久性にすぐれています。

断熱防露工事

断熱塗装

断熱塗料は、ウレタン吹付と比較して、厚さが少なくて済むので、RC造の床の巻き返しなどに最近使用されてきています。
上記写真も、床部分の断熱処理として施工しています。
また、発泡ウレタンと違い、火災の発生が少ないです。
いろいろ利点もありますが、信頼性・施工実績を増やしてゆけば、今後、ウレタン吹付けに変わる工法になるのかもしれません。

防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その3

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)の最終回です。 前回は、断熱材を張付けたところまで紹介しました。 今回は、下記手順を説明します。 ①.強力ストライプZ貼付 ②.強力ベースの貼付(立上部)、アスタ ...

防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その1

屋根アスファルト防水

建具工事

建築工事における、内窓断熱樹脂サッシュ(北海道編)

皆さんの家の窓は、どんな形をしていますか? どんな材質で作られているのでしょうか? 私の住まいは、樹脂サッシュです。 樹脂サッシュといえば、各メーカーがいろいろ製品を出しています。 TOSTEM、メル ...

型枠工事 断熱防露工事

絶対失敗しない複合板打込(外断熱工法)選びのコツ

この工法は、積雪寒冷地の厳しい気象条件に対応する有用な建築技術の一つであり、北海道内における採用実績も多数あります。

また、地球環境保全の視点からも優れた建築技術として認識されています。

見積書

絶対に失敗しない内装工事の見積内訳書マニュアル

つまり、内装工事の場合、一般的には、材料代と、施工手間賃は、分けないということです。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.