"/>

「 玉掛 」 一覧

安全管理

333(さんさんさん)運動・・・工事現場の安全活動に、おすすめです!

そこで、吊荷を地面から30cm上げた箇所で、吊荷から3m離れた場所で、3秒間静止状態を確認する。
つまり、地切りした状態で静止させ、吊荷の安定性を保持するという行為です。
これを、玉掛作業の「3・3・3運動」と呼びます。




一般共通事項 仮設工事

本当は恐い!工事現場の「玉掛作業」その2

「玉掛」は、作業の安全性と深く関与しており、作業手順を守ることが、非常に大切になります。

一般共通事項

建設工事現場における「玉掛(たまがけ)作業」

玉掛(たまがけ)作業とは、ワイヤーロープなどで荷物をクレーンなどのフックに掛けて、安全に移動させるための作業を指します。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.