「 解体工事 」 一覧

けんちく 解体工事

解体現場に設置「騒音計・振動計」

その際に、市条例等の規定に基づき、現地に「騒音計・振動計」を設置しました。




解体工事

上屋解体・作業手順(4階建て建築物)

①.屋根部解体
1 ハイリフトSK250にて屋根、圧砕解体・分別
2 発生材の集積状況に応じて随時
SK210バケット付にて積込搬出

解体工事

RC造の建築物における、解体工法の種類と特性

RC(鉄筋コンクリート)造の建築物を解体する工法としては、下記の3種類が一般的です。

1.圧砕機工法
圧砕機は、通常ショベル系建設機械に取付けて使用します。
油圧操作によってコンクリートに咬みつき、強力な圧縮力によって破壊します。
コンクリートの破壊と同時に鉄筋を切断するものや、圧砕機取付け部に回転機構を装着し、つかみ角度の自由なものがあります。

解体工事

巨大ハサミ(建築解体工事現場)

コンクリート造の建物などを解体する際には、通常、解体仕様機を使います。
この機械は、さまざまな解体用アタッチメントに対応できる解体工事に適したベースマシンです。
コンクリート圧砕機(大割)などを取り付けて、コンクリートを破砕します。

解体工事現場では、機械の、耐久性・安定性・安全性が求められます。
下記写真は、アタッチメントの一つである圧砕機です↓

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

建設リサイクル法の概略

「コンクリート、アスファルト、木材など特定資材を用いる建築物を解体する際に廃棄物を現場で分別し、資材ごとに再利用することを解体業者に義務づける」
このような法律です。

産廃処理

白ナンバー・緑ナンバーについて解体工事現場の6個の事例

白ナンバー・緑ナンバー
解体工事に伴う産業廃棄物(解体材)を運搬する場合で、 解体+解体材処理を請け負わせた場合で請け負った会社が自社で運搬する場合は、白ナンバーで問題なし。

解体工事 産廃処理

アスベスト廃棄物の集積、運搬、処分

1.撤去したアスベスト成形板の集積及び運搬車輌への積み込みは、破断、ビニル袋の破損の無い様、努めます。
2.破砕されたアスベスト成形板は、湿潤化の上、ポリエチレン袋に、密封します。
3.撤去したアスベスト成形板は、一般の内装材と分別して一定の場所に仮置きします。
仮置きは、アスベスト成形板であることの表示を行い、全体をシートで覆います。

解体工事 産廃処理

アスベスト処理 (レベル3) その2

アスベスト処理 (レベル3) その2

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.