「 鉄筋圧接 」 一覧

鉄筋工事

いつもより一歩踏み込んだ「鉄筋ガス圧接作業手順」

加圧及び加熱作業は、次の順序及び方法で行うのを標準とする。

①圧接器取付

鉄筋に圧接器を取付、加圧したとき、鉄筋突き合わせ面の隙間が2mm以下で、偏心、曲がりのないことを、目線によって確認する。




鉄筋工事

鉄筋のガス圧接状況(はじめてのビデオ編)

鉄筋ガス圧接とは、鉄筋と鉄筋を接合する継手工法です。
接合する鉄筋の端面の付着物を完全に除去し、鉄筋を圧接器を用いて付き合わせ、鉄筋軸方向に圧力を加えながら、付き合わせ部分を酸素・アセチレン炎で加熱し、さらに圧力を加え接合する方法です。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.