「 防水 」 一覧

断熱防露工事

断熱塗装

断熱塗料は、ウレタン吹付と比較して、厚さが少なくて済むので、RC造の床の巻き返しなどに最近使用されてきています。
上記写真も、床部分の断熱処理として施工しています。
また、発泡ウレタンと違い、火災の発生が少ないです。
いろいろ利点もありますが、信頼性・施工実績を増やしてゆけば、今後、ウレタン吹付けに変わる工法になるのかもしれません。




防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その3

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)の最終回です。 前回は、断熱材を張付けたところまで紹介しました。 今回は、下記手順を説明します。 ①.強力ストライプZ貼付 ②.強力ベースの貼付(立上部)、アスタ ...

防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その2

前回に引き続き、HT工法を紹介します。 材料納入/保管方法です。 防水材のルーフィング類は縦積みとして、雨・直射日光にあたらぬようシート等で養生します。 硬質ウレタンフォームは集積し安全ネット等にて養 ...

防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その1

屋根アスファルト防水

型枠工事 断熱防露工事

絶対失敗しない複合板打込(外断熱工法)選びのコツ

この工法は、積雪寒冷地の厳しい気象条件に対応する有用な建築技術の一つであり、北海道内における採用実績も多数あります。

また、地球環境保全の視点からも優れた建築技術として認識されています。

防水工事

アスファルト防水-その2

基本的にアスファルト防水とは、アスファルトルーフィングを、260〜 280℃で溶融させたアスファルトで、コンクリート下地等に貼り付けていき、同じ工程を繰り返しながら2枚から3枚以上、複数貼り重ねて防水層を作り上げる工法です。

防水工事

塗膜防水工法(ウレタン防水)

建物の防水工事に使用する材料にはいくつかあり、それらを使用した工法が確立しています。 主だったものを、大きく分けると、アスファルト防水、シート防水、塗膜防水です。 それぞれ,過去の記事(10.防水工事 ...



防水工事

アスファルト防水

RC造のマンション屋上防水状況です。 屋上における防水は、現在いろいろな工法が出てきています。 アスファルト防水は、以前からの一般的に一番信頼性のある工法ですが、この工法をもとに、外断熱工法および、環 ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.