建築工事 断熱防露工事

ウレタン吹付工法を完璧に施工する3つのテクニック(北海道の寒さ対策)

2018/5/22

現在、RC造で、外断熱工法以外ほとんどの建物は、内部壁・梁・スラブにウレタン吹付を施工します。
つまり、断熱材(スタイロフォームなど)を貼り付けるのではなく、ウレタンを吹くのです。
一般的な厚さは以下の通りです。




ReadMore

建築工事 仮設工事

冬の北海道の工事現場事務所を大公開!

2018/4/18

最近は、北海道でも、冬通しの現場が多くなりました。
今回は、今年の冬に撮影した工事現場事務所を、紹介します!




ReadMore

建築工事 タイル工事

150秒のYoutubeで、床セラミックタイル施工を完全に理解!

2018/1/15

直角の基準をとるため、目地割りに応じ、縦横3~4m間隔に基準のタイルを貼ります。




ReadMore

建築工事 塗装工事

建築工事現場の特殊塗装(インディアートセラ)を「YouTube」で紹介します!

2018/1/9

外壁で使用する塗装材を、ビデオで紹介します。
日本ペイント㈱の製品で、インディアートセラです。




ReadMore

建築工事 鉄筋工事

「鉄筋曲げ加工フック」が初めての人に教えてあげたいちょっとしたコツ

2017/8/17

鉄筋加工にはかかせない「フック」についてです。




ReadMore

左官工事

「白い壁」の神秘の世界「漆喰壁補修」(お寺編)

2017/5/8

漆喰(しっくい)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。




ReadMore

屋根板金工事

こうしてわたしはお寺の「屋根葺き替え工事」を克服しました!

2017/4/10

実は、お寺の屋根葺き替え工事って大変なんです。




ReadMore

防水工事

どんどん進化しているウレタン防水の世界がとっても魅力的!

2017/1/27

というわけで、私は、これからのウレタン防水にとても魅力を感じます。
ただし、以前の記事でも書きましたが、価格ですね。
もっと安価になるべき材料だとは思いますが。。。




ReadMore

杭・地業工事

だれでも3分で理解するH型PCパイル(H-PV工法)

2017/1/11

それでは、H型PCパイルの特長です。。。

1.強度が大きい

PC杭(プレテンション方式のプレストレストコンクリート杭)のため曲げに強く、プレストレストにより取扱い時におけるクラックの心配がありません。
コンクリートの圧縮強度が高く、錆に強く、耐衝撃性にも優れています。
H型の断面(200*200)で、φ250mm円筒杭に比べると周面長が長く、周面摩擦を大きく採用できるため、大きな支持力で建物を支える事ができます。
周長比較 H型 200*4+200*2=1200mm
     円筒型 250*3.14=785mm




ReadMore

仮設工事 土工事

わたしは「シートパイル」が苦手なのです!(山留め工事)

2016/12/26

シートパイルは、鋼矢板(こうやいた)とも呼ばれ、凹凸があり、両端に継ぎ手がついている鋼板です。




ReadMore

防水工事

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)その3

投稿日:

総入場者数 579 人

HT工法(耐火・断熱アスファルト防水)の最終回です。
前回は、断熱材を張付けたところまで紹介しました。
今回は、下記手順を説明します。
①.強力ストライプZ貼付
②.強力ベースの貼付(立上部)、アスタイトM塗布
③.強力ハイキャップの張付け、端部処理(強力ガムシール)
④.養生
⑤.試験
それでは、強力ストライプZ貼付からです。
①.強力ストライプZ貼付(平面部)
1)強力ストライブZを仮敷し、張付け位置を決めます。
2)仮敷きした強力ストライブZを半分まで折り返し、剥離紙をはがしカッターで切り取ります。

その後、折り返したルーフィングの端を持って、押し戻すようにして張ります。
残り半分も同じ手順で張付けます。
3)強力ストライブZのサイドラップの重ね合わせは100mm幅とし、下になるルーフィングのサイドラップ部分の剥離紙をは がして張付けます。
その際、通気性/水密性を確保するため、必ず連続ストライプ状自着層面が上になるように重ね合わせます。
4)張付けたルーフィングは、ローラー等で充分に圧着します。
5)エンドラップは突きつけとし、順次張り上げたあと、強力ベース(幅200mm以上)で張付けます。
6)ルーフドレーン周りは、強力ベースで張り収めます。

下記写真は、某現場において、強力ストライブZを張付けている状況写真です↓
(クリック拡大)
HT工法02

②.強力ベースの貼付(立上部)
1)強力ベースは、アスタイトMを流しつつ押し広げて、しわ/気泡等が生じないように張付けます。
2)強力ベースの重ねは、長手/幅方向とも約100mmとし、勾配に逆らわないよう張り上げます。
3)各層を通じて、上下層の継ぎ目が同一箇所にならないようにします。

③.強力ハイキャップの張付け
1)強力ハイキャップは、アスタイトMを流しつつ押し広げて、しわ/気泡等が生じないように張付けます。
2)強力ハイキャップのラップは、長手/幅方向とも100mm程度とする。
3)立ち上げ部端末は、強力ガムシールにてコーチングを行います。

下記写真は、強力ハイキャップを張付けている状況写真です↓
(クリック拡大)
HT工法03

以上の手順にて施工をし、作業終了後、清掃をして完成です。

④.養生
後作業がある場合、防水面の破損・汚れを防ぐための養生をしなければなりません。
特に重量物を載せる場合は直接置かず、防災シート・コンパネ・足場板等を用いて確実に養生します。

⑤.試験
必要に応じ、水張り試験、散水試験を行います。

最後になりますが、HT工法は、火気使用となりますので、工事現場構内基準(火気使用届け・消火器、消火水設置・監視)を遵守することが大切です。
この工法は、これからも進化していくのではないでしょうか。

わかりやすい建築工事〈5〉防水工事 (series BUILDING COMICS)
防水用弾性FRP樹脂FRP材料・防水・補修に【FRP防水工事用】軟質FRP樹脂 20kg PC640 キロ単価...




-防水工事
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.