建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

歩行がときめく「ネダフォーム」の魔法(床下地工法)

床の下地工法には、いろいろありますが、今回は「ネダフォーム」を紹介します。

「ネダフォーム」とは、発泡ポリスチレンフォームからなるコンクリート床及び木造床下パネルです。

床下地工法には、「根太工法」(根太を組み、下地から床面を離す工法)と「直貼工法」(下地に直接床仕上げ材を貼る方法)があります。

下記は一般的な床下地施工方法です。

「根太工法」
1.木床組+合板+仕上げ材
2.アジャストフロアー+合板+仕上げ材
3.システムフロアー
4.鋼製床組
5.ネダフォーム+合板+仕上げ材
「直貼工法」

1.コンクリート金ゴテ+仕上げ材
2.モルタル金ゴテ+仕上げ材

ネダフォームの一般的な特徴を列記します。

1.床下地材が断熱材そのものであることにより、床仕上工事の施工合理化を図ることができる。
2.床重量衝撃音の軽減になる。
3.高断熱、高遮音など高性能の各種製品を選択することが可能です。
4.原料にホルムアルデヒドを使用しておらず、区分は F☆☆☆☆等級です。
5. 適度な弾力性により、歩行感が良く疲れにくく、転倒時の安全性が高い。

さて、施工方法です。

コンクリート床下地に、ネダフォームを使用し、フローリングを張る迄の施行手順です。

最初に、床レベル、及び割付図に基づいた墨出しを行います。

壁との取合い部分に木製際根太を施工します。

コンクリート面に、専用接着剤ネダタイトを塗布します。

材料と塗布状況です↓

次の段階として、モルタル団子(専用レベル調整材ネダモルト)を敷きながらパネルを設置していきます。

使用するパネルは、上張りが出来る、合成木材の桟木が303mmピッチで入っている製品を、使用します。

レベルを調整して完成です。

この上に直接床材(フローリング)を張ることが可能です。

北海道の場合、この工法に断熱性能をすべて負担させることはあまりありませんが、歩行感は確かにすばらしいと感じます。

ネダモルトを敷きつつ、レベル調整を行っている施工状況です↓

(クリック拡大)




**関連記事も御覧下さい**

ジプトーン貼01

「ジプトーン」が世界の天井を制覇するエックスディー!

天井材の一つであるジプトーンは、手軽さ、安価であることもあり、事務所/店舗建築などでは、かなりの部分

記事を読む

置き床06

内装工事の、置床(二重床)

置床工事は、以前の記事にも書きました。 2008年7月6日の記事、乾式遮音二重床(ユニットフロア)

記事を読む

シーラー塗布01

シーラー塗布(クロス張り)

内装工事における壁紙(クロス)貼りに関しては今まで何度か記事にしています。 今回はそのクロス貼

記事を読む


  • fukuhiro

    突然、失礼します。ネダフォームを調べていてホームページの写真を拝見させていただきました。
    本構法を集合住宅で使うこうとを検討しているのですが、一点質問させていただければと思います。
     最初の接着剤がなぜスラブに塗られているかお教えいただけないでしょうか。モルタル団子とネダフォームを連結するのに使うのが正しいようにも感じられます。
     何か、理由があればお教えください。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    fukuhiroさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    質問の件ですが、床に最初に塗布するのは、「ネダタイトプライマー」で、接着剤「ネダタイト」は、ネダフォームパネル裏面に塗布するのが正解でした。
    紛らわしい表現と、記入間違いの写真(上部右側の塗布している写真の黒板表示は,ネダタイトではなく、ネダタイトプライマーでした)を、添付してしまい、誤解を招き申し訳ございません。
    油化三昌建材㈱のホームページ↓の商品一覧表の商品名(集合住宅-洋室用下地材ネダフォーム® LDK)をクリックすると、材料寸法・仕様・断面図等が現れますので、参考にしてみてください。
    http://www.yukasansho.com/product/index.html
    これからも、寄っていただければ幸いです。

  • tanaka

    ネダフオームの上に貼る合板の厚さは決まっているのでしょうか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    tanakaさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    一般的に、合板の厚さは、6,9,12mmだと思います。
    ネダフォームの試験でもこの3種類によって行っているようです。
    ただし、捨て貼り、直貼りにより、いろいろな種類の厚さが可能だと思います。
    これからもよろしくお願いします。

  • iwa

    だいたいネダフォーム工事の施工単価ってどれ位ですか?

  • http://architectural-site.jp/ NIna

    iwaさん、コメントありがとうございます。
    実勢価格を調べてみました。

    北海道においては、100m2程度の面積で、
    和室用 m2/ 5,500円、
    一般用 m2/ 7,000円
    程度です。

    但し、砂・セメントおよび、際根太は別途です。
    実際は、施工条件、面積により増減すると思います。
    以上、参考にしてみてください。

  • 蒲生昌生

    お世話になります
    床H60で捨て張り12fロリング12
    ネダフォーム36になる、
    工事の見積もりが来ています
    36ミリネダフォーム直張りタイプの製品は有りますか
    約300㎡位です
    教えてください

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    蒲生さん、コメントありがとうございます。
    ネダフォームの洋室用で材料厚が33mmの直貼り製品があります。
    敷きモルタルが一般的に、10mm程度必要ですから、43mmになり、多少床Hが、大きくなります。
    モルタルを薄くしたり、捨て貼りを、9mmとする等の工夫は可能だと考えますが、いかがでしょうか。

    今後もよろしくお願いします。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑