"/>

「鉄筋工事」 一覧

鉄筋工事 試験・調査

現場に出る前に知っておくべき「鉄筋圧接外観検査」のこと

鉄筋の圧接試験は、過去にも2回、記事にしています。 「鉄筋圧接引張試験」と、「鉄筋圧接部超音波探傷試験」です。 今回は、「外観検査」に関して記載いたします。 外観検査はガス圧接施工の良否を判定する検査 ...

鉄筋工事

人気の機械式杭頭接合工法を体験してみました!その手順とは?

今回紹介する「NCPアンカー工法」は、既製コンクリート杭(PHC杭・ PRC杭)の杭頭端板に設けられた雌ねじに、NCPボルトの雄ねじ部を螺合し、かつ、内面に非螺合部(ねじ無し部)を設けたNCPカプラーを雄ねじ部に装着して締め付ける事により、雌ねじとの接合部の直上に雄ねじの伸び部を形成し、かつ、緊張して接合部に軸力を導入して接合する工法です。

杭・地業工事 鉄筋工事

現場に出る前に知っておくべき杭頭補強筋のこと

杭頭補強筋です。 以前、「パイルスタッド」という記事にて、杭頭と基礎との、あたらしい接合方法を記述しました。 今回は、元来施工されてきた一般的な、杭頭補強を紹介します。 これは、杭頂部を基礎に締結する ...

鉄筋工事 試験・調査

建築工事現場における 「鉄筋圧接部 超音波探傷試験」概略

1994年、鉄筋のガス圧接工事標準仕様書において、鉄筋ガス圧接部の検査における主たる検査方法の位置づけが、従来の引張試験から、外観検査と超音波探傷検査に変わりました。 最近は、超音波探傷試験が主流とな ...

鉄筋工事 試験・調査

恥をかかないための最低限の「鉄筋圧接引張試験」知識

鉄筋工事におけるガス圧接作業に関しては、以前も記事(2007/12/14ガス圧接)に致しましたが、今回はそのガス圧接部分の、破壊検査である引張り試験を紹介します。 鉄筋の圧接部分の検査は、圧接箇所の全 ...

鉄筋工事

溶接閉鎖型せん断補強筋(柱帯筋)

RC造(鉄筋コンクリート構造)の鉄筋工事において、柱の剪断破壊(せんだん破壊)に抵抗するための鉄筋を、フープ筋または帯筋といいます。 柱の主筋の外回りに水平に巻いて配筋します。 通常の帯筋の他にスパイ ...

鉄筋工事

建築工事で使用される「ワイヤメッシュ」(鉄筋工事)

建築物構築において、ワイヤメッシュは主に、コンクリートのひび割れ防止等に使用されます。

鉄筋工事

柱筋組立状況

柱の鉄筋組立て状況を紹介します。 RC造の柱部分に、組立てる鉄筋は、主筋と帯筋(Hoop)に、分けられます。 主筋を立て、帯筋を巻きます。 施工管理しなければならない項目として、下記があげられます。 ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.