災害




安全管理

2019/2/28

「ハインリッヒの法則」と「ヒヤリハット」の関連性を追求してみた!

1つの重大事故の背後には、29の軽微な事故があり、その背景には、300のヒヤリハット(異常) が存在するという法則です。

no image

その他 安全管理 屋根板金工事

2019/5/7

どうして、人間は屋根の雪を下ろすのか?(危険行動の要因)

北海道の、今冬の雪の事故による死傷者数は、2月時点で、死者18人、負傷者225人です。これは、2位の秋田県(死者5人、負傷者117人)を引き離して、ダントツ1位なのです。

仮設工事 労働安全衛生法 安全管理

2019/5/3

足場解体時の災害事故例

土建区分 建築
工事区分 解体工事(足場組立)
災害種類 墜落・転落
事故の型 墜落
職種   鳶工
年齢   19歳
発生年月 200×年×月
発生時刻 15時50分
負傷程度 両足骨折(頚骨)
経験年月 1年9ヶ月
現場就労日数 60日
請負次数 三次

安全管理

2019/4/27

本場でも通じる重機災害防止「グーパー運動」そのテクニック

前回に引き続き、安全関係の記事を掲載します。 今回紹介するのは、「グーパー運動」です。 「グーパー運動」とは、建設現場・工事現場などで、危険が多い重機の周辺で、近くにいる作業員が移動する際、使われる合図です。 例えば、作業員が重機のオペレーターに手で『パー』を出します。 それは「止まって!」という意味となります。 続いて、それを確認した重機のオペレータは『グー』で返事をします。 つまり「了解!」という意味になります。 グー(ジャンケンのグー)は「OK」とか「了解」、パー(ジャンケンのパー)は「止まれ」の ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.