地足場




仮設工事

地足場(その2)ライトブリッジその仕様!

在来工法(単管、足場板等を使用)に比べ、作業人員の削除、工期の短縮、運搬積載効率、組立て解体の作業性等に優れています。
コスト面は、ある程度の規模にて、高低差が少なく、建物の形状が単純な場合などにおいて、それほど問題にならないと考えます。
製品としては、スパンが2400〜7200mm迄あり、特に使いやすく経済的なロングスパン(7.2m)は、魅力的な作業空間が確保できます。

仮設工事

「地足場組立」基本中の基本論

現場において、基礎工事(地面より下の部分において手作業を行う)の際に、材料の運搬や作業用通路などの目的に使用され、地面に沿って低くかけた足場を、一般的に「地足場」と言います。

© 2020 「けんけんちくちく」建築情報 Powered by AFFINGER5