建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

内装工事の、置床(二重床)

置床工事は、以前の記事にも書きました。

2008年7月6日の記事、乾式遮音二重床(ユニットフロア)です。

カテゴリーは、21.内外装工事です。
置き床の特徴、長所短所、施工ポイントなどは、前記事を読み返してみてください。

今回は、たくさんの写真を交え、紹介します。

最初に材料の写真です。
万協フロアー製品の、支持脚で、シンプル構造のベーシックタイプです↓
(クリック拡大)

置き床03 置き床04

次に、支持脚に取り付ける床パネルの、バーチカルボード(イワクラホモゲン製品)です。
大きさは、20*600*1820です↓
(クリック拡大)

置き床01 置き床02

続いて、施工手順を、紹介します。

準備として、スラブ面の清掃を、最初に行います。
叉、現況の寸法と図面との確認(特に高さ関係)、墨の確認を行います。

レベルを決定後、壁際に水平に根太を取り付けます。
これは、非常に大切な作業で、しっかり固定しないと、床鳴りなどの原因になります。

次に、支持脚をスラブ面に固定します。
専用接着剤を使用します。

床パネルを、支持脚及び根太に固定します。

固定には、スクリュー釘(38mm)またはビス(38mm)を使用します。

床パネルの短辺方向に水平器を置き、支持脚のボルトをドライバーで回して正確にレベルを出します。

敷き込み状況です↓
(クリック拡大)

置き床05 置き床06 置き床07

最後に、レベルを再確認し、床の仕上げ材を貼付、完成です。
特徴をうまく利用することにより、快適な床仕上げが、可能となります。

15 世界で一番やさしいインテリア (エクスナレッジムック 世界で一番やさしい建築シリーズ 15)
木造戸建マンション二重床用捨貼りフローリング【重要】配達についてを必ずお読みください。捨…




**関連記事も御覧下さい**

壁紙と注射針

みなさんの家の壁の仕上げ材は何でしょうか。 最近は、ほとんどの住まいで、クロス材が使われています。

記事を読む

以前、10分で理解したGL工法(その2)

以前、このGL工法を一度紹介しました。 今回はその続きです。 GL工法とは、石膏等と接着

記事を読む

専門家が教えます!今こそサィディング貼を理解しよう!・・・第3弾

サィディング記事の第3弾です。 過去に下記の記事を掲載しました。 サイディング材 「20

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑