「けんけんちくちく」建築情報

建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

「左官工事」 一覧

左官工事とは、壁のモルタル塗り、ブラスター塗り、サッシュのモルタル詰め、打放しコンクリート補修、床のコンクリート金ゴテ押さえなど。




カテゴリ一覧

左官工事

「白い壁」の神秘の世界「漆喰壁補修」(お寺編)

漆喰(しっくい)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。

コンクリート工事 左官工事

とてもわかりやすい、土間のコンクリート打設(ビデオ編)

打設箇所は、土間(1階床)です。
最後に、トロウェルを使って、コンクリートを押さえています。
それでは、早速ご覧ください。

左官工事 改修・改築工事

専門家が教えます!今こそグラウト(無収縮モルタル注入)工事を理解しよう!

グラウト(grout)とは、建設工事において空洞、空隙、隙間、目地、ひび割れ、などを埋めるために注入する流動性の液体のことです。
注入する作業を、グラウチング(grouting)、薬液注入ともいいます。

左官工事

床モルタル打設の人気がなぜ無くなったのか、説明いたします!

床モルタル塗 左官工事
床モルタル工法を紹介します。
これは床にモルタルを流し込み、下地を構築する工法です。
現在、床のモルタル下地、モルタル仕上げはずいぶん少なくなりました。
原因のひとつは、コンクリート金ゴテ一発押さえが、普及したことです。

左官工事

トロウェル(左官工事)を使用したコンクリート金ゴテ押さえ

これは、床面に打設したコンクリートをならすために用いられる動力機械です。
機械に鏝が付いていて、回転させながらコンクリートを平滑にします。
つまり、土間コンクリートを仕上げる為の機械鏝です。

左官工事

左官外部塗り壁

2009/01/23   -左官工事
 , , , ,

塗り壁とは、一般的に、左官職人が金属のコテを使い、仕上げる壁を称します。 塗り壁は、左官工がコテのエッジを立てて塗るため、厚みのある凹凸仕上げで、独特で、ハンドクラフト的な質感となり、カラフルで模様の ...

左官工事

優しく叩いて下さい!左官タッピング工法

「タッピング」とは、コンクリート打設時の土間スラブ部分において、コンクリートを流し込んだ後、板状の器具(細かい網目状の金網のような物)を使ってコンクリートの表面を叩く工法です。

左官工事

サッシュ詰モルタル(左官工事)

建築物の工事において、コンクリートの躯体と取付けたサッシュの隙間(溶接取付のためどうしても隙間が必要)を、モルタルで詰める作業を、建具廻り詰モルタルと称します。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.