左官工事

「左官職人」のPコン穴埋め、その手順をすべてお伝えします!

2020年5月7日

延べ労働者数 1,030 人

左官工事のひとつに、Pコン埋めという作業があります。

今回は、Pコン埋めという作業のお話をします。

「Pコン」とは、コンクリート構造体を作る際、コンクリートを流し込むため型枠を作りますが、それを固定させるため、Pコン(プラスチックコーン)とセパレーターというものを使用します。

コンクリート打設後、型枠などを取り除いた後の名残が、丸い凹みになります。

これです↓

これを、セパレーター(通称セパ)に取り付けます。

そして、型枠に取付、組み立てていきます。

その後、コンクリートを流し込み、硬化後、脱型します。

型枠を解体すると、下写真のような形状となります。

 

$中屋敷左官工業(株)-1

このように、RC壁にたくさんの穴が空きます。
ここから「左官職人」の出番です!

この穴に樹脂モルタルを埋める作業のことを「Pコン埋め」といいます。

Pコン孔充てん施工

最初に、日本化成株式会社が、作成している施工マニュアルを紹介します。
とてもわかりやすく、一読をお勧めします。

Pコン穴充てん施工マニュアル

次に、材料を紹介します。

㈱マノールで販売している材料のカタログです。

マノールPコン補修用モルタルは、Pコン・木コンの穴埋め補修を目的とした速硬・無収縮・防水性を 兼ねそなえた再乳化粉末樹脂1材型のポリマーセメントモルタルです。

pdf_043

基本的に、既存の壁と平らになるように埋めます。
ただし、打放し仕上げで、Pコンを化粧として見せる場合などは、へこませて埋めます。

Pコン埋めにおいて一番大切なことは、穴の奥までしっかりと材料が入っていることです。

左官屋さんの一番最初に覚える仕事のひとつです。
下記写真は、Pコン埋めの施工状況です。

数が多いと、大変です。
雨天時は、施工できません。

モルタルによる穴埋め作業は、施工者の熟練度により品質が、大幅に変わります。
また、穴埋め不良により、錆の染み出し・モルタルへこみ・剥落・ 劣化・ひび割れ・爆裂などが施工後に頭を悩ます問題となります。

そのような不良箇所を発生させないためにも、下記注意事項を守る必要があります。

①Pコン穴内のコンクリートくずやホコリを刷毛などを用いて完全に除去・清掃
する。

②Pコン穴内へのNSハイフレックスHF-1000の5倍液塗布を行う。

③モルタル(NSドカモルハードなど)充てんは小物鏝を使用し、最低でも2層に分けて行う。

④1層目はセパレーターのネジ頭が隠れる程度に充てんし、未充てん部がないよう十分押える。
押えは通常の鏝ではなく、専用の鏝(Pコン鏝)などを使用する。

⑤2層目はコンクリート面まで充てん後しっかり押える。

完成部分です↓

ちなみに、下記写真は、Pコンを使用しない場合の、通常のセパレーターの頭です。
この場合は、仕上げで隠れるため、セパを折って、錆止め塗装処理を行います。

Pコン埋めが終われば、コンクリート表面の左官補修を行います。
どの工程も、左官工事の大切な工程です。

壁塗り用 左官セット | 部屋 壁 バケツ diy 工具 塗装 塗り壁 コテ板 一丁剃毛 マスキングテープ マスキングシート 施工用品 こて 新生活 左官道具 左官 コテ 刷毛 左官コテ ハケ はけ ポリバケツ 道具 セット マスキング テープ シート




-左官工事
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 「けんけんちくちく」建築情報 Powered by AFFINGER5