ハインリッヒの法則




安全管理

「ハインリッヒの法則」と「バードの法則」を比較してみた、その結論は?

労働災害において、発生割合を分析すると、重症災害の起こる割合が「1」に対して、軽症災害が起こる割合が「10」、物損事故が「30」、事故にはつながらなかったが、ヒヤッとした、ハッとした(ヒヤリハット)の割合が「600」になるという法則です!

安全管理

「ハインリッヒの法則」と「ヒヤリハット」の関連性を追求してみた!

1つの重大事故の背後には、29の軽微な事故があり、その背景には、300のヒヤリハット(異常) が存在するという法則です。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.