塗装




塗装工事

2019/2/23

建築工事現場の特殊塗装(インディアートセラ)を「YouTube」で紹介します!

外壁で使用する塗装材を、ビデオで紹介します。
日本ペイント㈱の製品で、インディアートセラです。

塗装工事

2019/2/18

リシン吹付を綺麗に見せる4つのテクニック!

① 汎用的な経済タイプの外壁吹付材です。
② 好みに応じて任意の調色が可能です。
③ 作業性に優れています。

塗装工事

2019/4/27

外壁特殊塗装(グラニパステル)

今回使用した材料は、装飾仕上げ塗材である、陶石状多彩装飾仕上塗材(グラニパステル)です。

グラニパステル(エスケー化研)は、きめ細かなセラミック骨材が原料で、自然石調の風合いと滑らかな肌合いが特長です。

塗装工事

2015/4/15

快適にすごすために「屋根の塗替え」は絶対に必要なのです!

久しぶりの「20.塗装工事」になります。 今回は、古くなった屋根(長尺カラートタン屋根横葺き)の塗り替えです。 金属板の屋根は、年数が経つことによって、塗装膜の劣化やはがれ・錆などが発生します。 そのため数年ごとに、錆落とし等のメンテナンス及び、塗り替え工事を行う必要が出てきます。 塗り替えの材料には、できるだけ耐候性の良い塗料を使用します。 今回、現場にて使用した材料は、「エポオールワイド+Vシリコンマイルド」です。 それぞれ下記のような特徴があります。 エポオールワイドは、下塗り材で、2液形弱溶剤形浸 ...

断熱防露工事

2019/2/14

断熱塗装(断熱くん)

断熱塗料は、ウレタン吹付と比較して、厚さが少なくて済むので、RC造の床の巻き返しなどに最近使用されてきています。
上記写真も、床部分の断熱処理として施工しています。
また、発泡ウレタンと違い、火災の発生が少ないです。
いろいろ利点もありますが、信頼性・施工実績を増やしてゆけば、今後、ウレタン吹付けに変わる工法になるのかもしれません。

断熱防露工事

2019/5/7

FRCパネル(外断熱後張り工法)後編

前回に引き続き、FRCパネル(外断熱後張り工法)後編です。 「2.取付け工事前作業」で、記事が終わっていましたので、今回は作業手順の3番目である、「3.パネル取付工事」から、紹介します。 3.パネル取付工事 A.接着剤塗 躯体側又は、パネル側に接着剤を塗布します。 下記写真参照(パネル面に塗布しています)↓ (クリック拡大) B.パネル躯体圧着/貼付け パネルを割付け墨に沿って躯体へ圧着します。 下記写真は、張付け前の下地状況です↓(クリック拡大) C.ドリルホール 圧着したパネルのボルト位置から躯体迄ド ...

断熱防露工事

2019/5/5

FRCパネル(外断熱後張り工法)前編

とても長い題名になってしまいましたが、FRC断熱パネルを紹介します。 前回の記事にて、外断熱のことを少し書かせていただいたのですが、これは、その工法の一つである「FRC断熱パネル」を使用した外断熱工法です。 FRC断熱パネルは、GRC板耐アルカリ(ガラス繊維強化セメント板)と断熱材を、複合したコンクリート型枠断熱パネルです。 特徴として、型枠の性能を兼ね備えているため、型枠合板(コンパネ)を使わずに、外壁面・スラブの施工が可能です。 また当然ですが、この工法により、資材の節約、施工の大幅な効率化が可能とな ...

塗装工事

2015/6/15

水系塗料「つや有合成樹脂エマルションペイント塗」は環境に優しい!

塗装の種類は多々あり、いままでも4回記事にしています。 今回は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「建築工事共通仕様書」によるところの、「つや有合成樹脂エマルションペイント塗」を紹介します。 材料は、JIS-K5660に規定されており、合成樹脂エマルションペイントと着色顔料、体質顔料、補助剤、添加剤等から構成される水系塗料です。 水による希釈が可能で水を加えて塗料に流動性をもたせることができ、臭気が少なく溶剤の揮散による大気汚染や中毒の危険性がない塗料です。 最近の環境問題に適した塗料といえるのでしょう。 ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.