材料

一般共通事項 仮設工事

2019/5/5

雪の中で工事をするために、最低限必要なこと(北海道建築編)

ジェットヒーター(可搬式温風機)、ブルーヒーター
熱風ヒーター、ブライトヒーター、赤外線ヒーター、スポットヒーター
灯油タンク、ストーブ、ブルーシート
コンクリートの温水使用
養生上屋・・・以前の記事(冬期養生上屋パネル)参照
防寒服、カイロ、手袋、防寒靴、長靴
融雪剤、エンカリ
除雪道具、ママさんダンプ、除雪機
温水機、プロパンバーナー
そして、冬をのりきる知恵。。。




防水工事

2019/5/7

建築物の、腰壁コンクリート部分に、防水材を塗りました!

常温施工が可能で、有機溶剤系防水材と比べて人体に安全です。
各種下地(モルタル、コンクリート、鉄板、アスファルト、ウレタンなど)に対して優れた接着性を有します。
経時変化に強い。(下地の動きに追従する)
曲面、勾配、段差への施工が可能。

屋根板金工事

2019/2/24

だれでもわかります!屋根折板現場成型加工状況(ビデオ編)

建築現場の屋根を、折板にて、施工しました。

土工事 断熱防露工事

2019/3/16

土間下の防湿シートと断熱材

コンクリートの土間の下には、一般的に防湿の目的で、ポリフィルムなどを敷きます。通常は、厚さが、0.1㎜もしくは、0.15㎜が使用されます。床下すべてに敷くことが多いです。

no image

土工事

2018/12/21

土の崩壊を防ぎます!矢板を入れているビデオです。

1. 矢板を入れる所の長さを測る。
2. 矢板の切断をする。
3. 矢板を必要量、配置する。
4. 裏の土を、矢板が入る程度、掘削する。
5. 矢板を入れる(根伐底より矢板1枚分掘下げる)。
6. 裏込めをする。
7. キャンバー締めを行う。
8. キャンバー押え桟木を取付ける。
9. H鋼とH鋼との間隔が、設計寸法より大きくなれば、矢板の問にバタ角を入れる。
10. 埋設物があれば、周りの矢板の補強をする。

金属工事

2019/4/28

建物の軒天部分に「スパンドレル」を貼りました!(建築工事編)

一般的な意味合いでのスパンドレルとは、留付けビスが隠れるように成形された金属化粧板のことをいいます。

材質は、アルミや塗装鋼板、ガルバリウムと亜鉛メッキをベースにしたカラー鋼板などで出来ています。

それぞれ、アルミスパンドレル、鋼製スパンドレル、カラースパンドレルなどと呼ばれます。

安全管理

2019/8/9

333(さんさんさん)運動・・・工事現場の安全活動に、おすすめです!

そこで、吊荷を地面から30cm上げた箇所で、吊荷から3m離れた場所で、3秒間静止状態を確認する。
つまり、地切りした状態で静止させ、吊荷の安定性を保持するという行為です。
これを、玉掛作業の「3・3・3運動」と呼びます。

木工事

2014/8/3

天井杉征天井板棹縁底目地貼(建築工事)

今回は、カテゴリー木工事の記事です。 現場にて、和室に杉征の天井を貼りました。 最近の天井は、クロス貼りが多いですが、やはりこのような天井材は、趣もあってよいものです。 杉材の柾目を貼ったのですが、木材の目とは、板を製材したときに現われる年輪などの模様のことです。 板目、柾目、杢目に大別され、おのおの下記の特徴を持っています。 1.板目(いため) 木取りの際、年輪に対して平行に近い角度で挽いて取る材面 2.柾目(まさめ) 木取りの際、年輪に対して直角に近い角度に挽いて取る材面 (割れ捩れなども少なく、上材 ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.