建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

軽量鉄骨壁下地

公開日: : 最終更新日:2012/10/22 総入場者数 2,048 人
金属工事 , , , , , , , , ,

某マンションの、内装工事の、壁下地です。

現在、木造建築物を除き、ほとんどの壁下地が、LGS工法(軽量鉄骨)にて施工されます。

床と天井部分に、はわしてある材料をランナーと言います。

ランナー両端部の固定位置は、端部から50mm内側とします。

コンクリートスラブへの固定には、低速式びょう打銃を使用します。

そこにスタッドと呼ばれる材料を差し込み、半回転させて、立てていきます。

仕上げのボード類はスタッドに直接タッピングネジの類で取付けるため、間隔を精度よく立て込む必要があります。

スタッドは、ねじれの無いものを使用し、上部ランナーの高さに合わせて切断します。

上部ランナーの上端とスタッド天端の隙間は、10mm以下とします。

通常、下張りがある場合は、450mmピッチに、無い場合は、300mmピッチに立てていきます。

壁下地に用いる鋼材は、JISA6517の規定に適合する製品により、50形、65形、75形、90形、100形があり、高さにより使い分けられています。

ただし、50形は、RC壁等の片面仕上げの下地を想定しており、自立壁(間仕切り壁)の下地は適用外となります。

施工計画書には、下記事項を明記します。

  1. 工程表(室別、場所別)
  2. 製造所名、施工業者名及び管理組織
  3. 使用部材の種類、寸法
  4. ランナー取付け工具
  5. 開口部等の補強方法
  6. 養生方法
  7. 品質計画(作業のフロー、管理の項目・水準・方法、品質管理体制・管理責任者、品質記録文書の書式とその管理方法等)

軽量間仕切01
Kuny’s(クニーズ)腰袋片側 EL-807




**関連記事も御覧下さい**

IF

建物の軒天部分に「スパンドレル」を貼りました!(建築工事編)

屋根の庇下部分を軒天と言います。 住宅などでは、その部分は、ケイカル板+塗装などで仕上げることが多

記事を読む

軽量鉄骨壁下地01

軽量鉄骨壁下地(その2)

わたしのこのサイトのなかで、2番目に人気がある記事が「軽量鉄骨壁下地」です。 今回は、その第2弾です

記事を読む

天井LGS06

軽量鉄骨天井下地(LGS工法)

以前、軽量鉄骨壁下地の記事を掲載しました。 今回は、おなじ材質の軽量鉄骨を使用した天井下地を紹

記事を読む


  • Unno Satoshi

    質疑1:木造平屋建てで、外壁のうち、柱(@1.8m)以外をLGS65で
    施工できますか?
    質疑2:S造平屋建て、柱・梁は重量鉄骨、外壁(布基礎H0.3m+壁H2.5m)を
    LGS90で施工できますか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    Unno Satoshiさんへ。
    わかる範囲でお答えします。
    通常、屋外に使用する場合は、軒天等の天井材のみで、壁に使用することはありません。
    あくまでも、外壁の構造体があって、内装の壁下地に使用するということです。
    鉄骨工事における、軽量鉄骨(厚さが6mm以下の鋼材)とは、別物です。

  • Unno Satoshi

    軽量鉄骨壁下地(LGS)はメッキされていますが、材種は何ですか?
    また、材種によるバリエーションなどもあるのでしょか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    はい。
    材種は、溶解亜鉛メッキ鋼板です。
    材種によるバリエーションは無いと思います。

  • Densuke

    はじめまして。
    スタッド取り付け方法について質問があります。
    たまたまマンションの立会いで戸境壁のスタッド取付けを拝見することができたのですが、下部ランナーとスタッドの隙間におよそ10mmの石膏ボードの切れ端をかまして、10mm程のクリアランスをとっていました。
    このような石膏ボードは取り除かなくてもよいのでしょうか?
    とても気になりました。
    一般的な施工方法がどのようなものか、教えていただけると助かります。
    よろしくお願いします。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    Densukeさん、コメントありがとうございます。
    わかる範囲にてお答え致します。
    ランナーの上、スタッドの下の部分に石膏ボードを挟めている理由が想像つきません。
    考えられるとすれば、スタッドの長さを切り間違えたため、上下のランナー間に納まらなくて、挟んでいるのでしょうか。
    いずれにしても、余計な材料は取除いたほうが良いと思います。
    又、戸境壁の一般的な施工方法は、吉野石膏さんのサイトがとてもわかりやすいです。
    ページ中央部分に、
    「高性能遮音壁
    遮音性能(音響透過損失):TLD-55~64
    用途:集合住宅の戸境壁(住戸間の間仕切壁)など」という表がありますので、いくつかの工法を参考にしてみてください。
    http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/taika/index.html
    以上、これからもよろしくお願いします。

  • konomi

    初めまして。
    スタッドの間隔について質問があります。
    スタッドのピッチが下張りの有無で使い分けられる事は分かったのですが、そもそもその2種類のピッチの設定根拠はなんなのでしょうか?
    もっと短かったり、長かったりではダメなのでしょうか?

    設計事務所に勤め始めたばかりで、現在勉強中です。
    回答いただけると光栄です。
    よろしくお願いいたします。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    konomiさん、コメントありがとうございます。
    スタッドピッチの設定根拠ということですが、一つの理由として、下地に張るボード寸法によると考えます。
    つまり、一般的なプラスターボード(PB)は、下記寸法です。
    3 × 6 板 910 × 1,820
    3 × 8 板 910 × 2,420
    3 × 9 板 910 × 2,730
    よって、基本的に、W寸910mmで、等間隔になるピッチ(303、455)になるわけです。
    他の、ケイカル板なども、この寸法になっています。
    もちろん、軽量壁自体の強度も考慮していると考えます。
    以上、私の見解です。
    これからもよろしくお願いします。

  • 堺のsかなやさん

    外壁にへーベルライト(厚さ=50mm)を施工したいので、その下地に間仕切り用のLGSを使いたいのですが、何か問題はありますか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    堺のsかなやさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    通常、ヘーベルライトは、タッピングネジを使用して固定するため、下地材の厚みは、2.3~3.2mmの範囲で決定します。
    一般的には、軽量形鋼のC-100*50*20*2.3を標準とします。
    LGSの場合、50~100形まですべて厚さは、0.8mmですので不適当です。
    また、外壁には風圧力がかかります。
    風荷重とたわみの計算により、下地材の間隔が決められ、下地の断面も構造計算にて決定します。
    結論として、LGSを外壁に使用するのは止めたほうがよいと思います。
    以上、参考になれば幸いです。

  • きつねちゃん

    開口補強の方法を教えてください。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    きつねちゃんさん、はじめまして。
    軽量鉄骨壁において、開口部など偏った力がかかる部分(場合によっては、壁の端部など)には、軽量の補強材を入れます。
    一般的には、開口補強C-60×30×10×2.3の材料です。
    組立図は、わたしの
    「軽量鉄骨壁下地その2」http://architectural-site.jp/archives/2549
    という記事にも、掲載しております。
    参考にしてみてください。

  • きつねちゃん

    早速拝見しました。
    補強材に添えてあるスタッドの上下でランナーにビスを打ち、そのスタッドと補強材をビス留めでは、後々問題起こりえますか?

  • きつねちゃん

    度々申し訳ありません。クリップの向きを交互にしなさいという施工要領書があるのですが、理由はなんでしょうか?野縁のジョイント金物を省略したら、どんなことが起こりますか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    きつねちゃんさんへ、コメントありがとうございます。
    各質問に関して、専門業者に問い合わせてみました。
    まず、13番の件ですが、きちんと固定がされていれば問題は起こりえません。
    ただし、ビス留めではなく溶接するという手法もあり、役所工事等では多用されているようです。
    続いて、クリップの件です。
    天井を組む際に野縁受け(Cチャン)に引っ掛けてバー材を留める材料をクリップと言います。
    同一方向に取付けると、地震等の水平力に対して転ぶ可能性が大きくなるため、交互に取付けます。
    つまり、一定方向に力がかかった場合、引っ掛けているツメが開いて外れやすくなるのです。
    次にジョイントですが、これを省略すると、貼り物を張る際に下地が跳ね上がリ、目違い等が発生する可能性があります。
    以上、私なりに調べてみた結果です。
    また、何かございましたら、コメントお待ちしております。

  • nono

    はじめまして。材料の使い分けについてですが

    >壁下地に用いる鋼材は、JISA6517の規定に適合する製品により、50形、
    >65形、75形、90形、100形があり、高さにより使い分けられています。

    とありますが、詳しく教えていただけますでしょうか?
    ちなみに店舗の間仕切壁に使用する場合です。

    よろしくお願いします。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    nonoさん、コメントありがとうございます。
    返答遅れました。
    下記サイトにて、一覧表にて高さ区分がなされていますので、参考にしてみてください。
    これからもよろしくお願いします。
    (株式会社 桐井製作所)
    http://www.kirii.co.jp/products/wall/technical-6.html

  • nono

    Ninaさんありがとうございました。

  • 黒乱舞

    僕はこれから軽鉄関係の仕事につくことになったのですがどういうことから学んでいけばいいですか

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    黒乱舞さん、コメントありがとうございます。
    軽鉄関係の仕事、がんばってください。
    まずは、会社の諸先輩達に倣うことから始めてはどうでしょうか。
    これからもよろしくお願いします。

  • Samurai

    軽量鉄骨壁下地で高さ5500を65型で施工しても法律上問題ないですか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    Samuraiさん、コメントありがとうございます。
    「公共建築工事標準仕様書 建築工事編(平成22年度) 概要」において、
    スタッドの高さによる区分としては、
    50形 高さ2.7m以下
    65形 高さ4.0m以下
    90形 高さ4.0mを超え4.5m以下
    100形 高さ4.5mを超え5m以下
    となっており、
    スタッドの高さが5.0mを超える場合は、特記によります。
    または、途中で受け梁(たとえばH鋼など)を造り、継ぎ足すことになります。
    いずれにしても、5500を65型は、問題有りでしょう。
    くわしくは、下記サイトを参照してみてください↓
    桐井製作所壁下地材
    http://www.kirii.co.jp/products/wall/technical-6.html
    これからもよろしくおねがいします。

  • Samurai

    角スタッドとコ型スタッドの使い分けはどのように決めるのですか?

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    Samuraiさん、いつもコメントありがとうございます。
    角スタッドは、私は経験がありません。
    業者に聴いてみると、下記のような答えが返ってきました。
    角スタッドは、部材の形状が角パイプ状であるため、軽量ながら強度と真直度が高く、長い支点に耐えるので、支え金物が節約できる。
    基本的に振止めがいらない(最近は振止めが可能な工法もある)ので、施工性が良く、また、ねじれが少ないため、ボードの目違いが起こりにくいようです。
    ビル建築およびホテル・マンション等の内装における間仕切壁・ふかし壁等の下地材として使用できるのはもちろん、天井フトコロが狭い場所やスパンの短い天井の下地材としても、活躍しています。
    ただし、現在JIS製品がなく、官庁工事などでは使用不可です。
    以上のような回答でした。
    これからもよろしくおねがいします。

  • http://regina-life.com つっち

    はじめまして。
    LGS工法と屋内配線のことでお尋ね致します。
    マンションの間仕切壁をLGSで組んだ後、コンセント位置を合わせて配線を行っていきますが、何か配線のルールはあるのでしょうか?
    300ピッチでスタッドを立てて、胴縁代わりにバーを入れていきますが、電気配線との施工ルールがありましたら教えてください。

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    つっちさん、コメントありがとうございます。
    LGSと電気配線との施工ルールは、よくわかりません。
    軽量間柱内の配線時に、間柱の振れ止めがPF管などに当たってしまうような事象であれば、下記のような製品があります。
    (振れ止めを切り欠かさず配線できます)
    http://store.shopping.yahoo.co.jp/kys/mir-fk-16y.html
    参考にしてみてください。
    これからもよろしくおねがいします。

  • AKB55

    はじめまして。
    遮音壁等でスタッドを千鳥に立てる場合の開口補強ついて教えて下さい。例えば、65+10の下地の場合、開口補強の部材はC-60でしょうか?C-75を使うのでしょうか?C-60を使えば、ボード下地のスタッドが片面に寄ってしまうのですが、開口補強際に内外面に2本のスタッドを立てるのでしょうか?

  • http://ジョ_く   jooku

    75の補強材
    開口部は枠がつくため間仕切りの手前と裏が1対にな手もよい

  • http://architectural-site.jp/ Nina

    AKB55さん、jookuさん、コメントありがとうございます。
    遮音壁でスタッドを千鳥にて組み立てた場合は、Jookuさんのおっしゃる通りだと思います。
    吉野石膏ハイパーウォール工法等が、その例ですね↓
    http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/taika/taika09a.html
    これからもよろしくお願いします。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑