試験・調査

建物を構築するためにおこなわれる、試験・調査。




タイル工事 試験・調査

2019/2/10

タイル打診検査がもっと評価されるべき10個の理由

欠損、浮き、ひび割れ、汚れなどの損傷の確認
剥落防止の必要性の判断が可能
落下による歩行者などへの危害防止
タイル損傷の確認
補修工法・剥落防止工法の決定
外壁に要求される耐風圧性能の確認
落下防止措置の必要性の判断
リフォームの判断
同上、試算
赤外線調査の必要性

杭・地業工事 試験・調査

2019/2/24

継杭溶接部 カラーチェック(浸透探傷検査)

その試験は、浸透探傷試験(カラーチェック)(JIS Z 2343)です。
これは、材料の非破壊検査法の一種で、一般に行われている方法は、染色浸透探傷法です。
簡単に手順を書きますと、
最初に、溶接部に浸透性のよい赤色の液を吹付けて割れ部分に浸透させます。
その後、一度ふき取り、さらに白色になる現像液を吹付けます。
これに、にじみ出た赤色により欠陥を発見する方法です。

建具工事 試験・調査

2019/8/12

建具製品検査

建具製品検査

コンクリート工事 試験・調査

2019/4/27

「コンクリート圧縮強度試験?」と僕は聞いた。

コンクリートの現場試験に関して。。圧縮強度試験を紹介。。

試験・調査 鉄筋工事

2018/12/20

現場に出る前に知っておくべき「鉄筋圧接外観検査」のこと

鉄筋の圧接試験は、過去にも2回、記事にしています。 「鉄筋圧接引張試験」と、「鉄筋圧接部超音波探傷試験」です。 今回は、「外観検査」に関して記載いたします。 外観検査はガス圧接施工の良否を判定する検査であり、圧接に関する専門的な知識をもつ技術者によって行われることで、構造物の高い信頼性を得ることができます。 基本的には、目視による外観の観察や簡単な治具による測定を行ない、良否の判別を決定するものです。 施工の良否は、外観に最も端的に表れるため、その意味でも最も基本的な検査です。 それでは、手動・自動ガス圧 ...

コンクリート工事 試験・調査

2018/12/22

カンタブ(コンクリート試験)をオススメする6つの理由

今回紹介する「カンタプ」とは、コンクリート中の練り水に含まれる塩化物量を測定する試験紙のことです。

試験・調査

2019/2/28

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験

試験・調査

2019/2/24

建築工事「試験・調査」

本日より、カテゴリーをひとつ増やしました。 それは、建築工事「試験・調査」です。 今まで紹介してきた「ボーリング調査」とか「鉄筋超音波検査」「VOC検査」などなどの試験・調査関係の記事が溜まってきたので、分類することにしました。 ただし、例えば「コンクリートの現場試験」などは、「コンクリート工事」と「試験・調査」のふたつのカテゴリーとしました。 今回の「試験・調査」のカテゴリーに変更した過去の記事を、紹介します↓ 「コンクリートの現場試験」2006/12/19 「ウレタン吹付けの厚さ試験」2007/2/1 ...

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.