建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

鋼製床下地(アクセスフロアー)後編

前回に引き続き、鋼製床下地の後編です。
各使用材料まで、紹介しました。
それでは、作業手順です↓
1.清掃、墨出し、レベル出し
床(コンクリート面)を清掃し、正確に基準の墨を出して、支持脚の位置を確定します。
また、端部の壁廻りに高さのレベル墨を出します。
2.支持脚の固定
基準墨に従い、鋲打銃等を用いて床基盤と支持脚を堅牢に、接着剤兼用で、アンカー留めします。

下記写真は、某現場における支持脚の施工状況です↓
(クリック拡大)
鋼製床支持脚01 鋼製床支持脚02

3.大引き敷き込み
支持脚に大引き鋼を固定します。
受け金具下のナットを十分に締め上げます。

下記写真参照↓
(クリック拡大)
鋼製床大引鋼01 鋼製床大引鋼02

4.レベル調整
レーザー又は水糸等を用いて、レベル調整を行います。
水平を確認したら、がた・ゆるみが生じないよう確実に固定します。

5.根太敷き込み
大引き鋼に、クッションを挟めて、根太を敷きます。

根太を引き終えた状況写真です↓
(クリック拡大)
鋼製床根太01 鋼製床根太02

6.完成
床上を清掃し、フロアー鋼製床下地の完成です。

その後、床下地となるコンパネ等を敷き込みます↓
(クリック拡大)
鋼製床下地板貼01

一般的に、鋼製床には、弾力性・硬さ・滑り・強度などが、要求されます。
各部材を確実に固定し、ガタ・緩みなどが発生しないよう施工することが大切です。
現在、その性能の目安とも言うべき日本工業規格(JIS A6519)が制定され、鋼製床組の性能の標準化が
図られています。

最後に、鋼製床下地断面図と、許容荷重表をアップします↓
株式会社 桐井製作所 STEEL FLOORカタログより抜粋
(クリック拡大)
鋼製床下地断面図01 鋼製床下地許容荷重表01

600x 900mm [グリーン]エコ・フロアーマット Ea997rg-61




**関連記事も御覧下さい**

今ほどPB(プラスターボード)が必要とされている時代はない!

壁に、PBを張っている作業状況です。 現在、建築物の内装工事における壁及び天井の下地材のほとん

記事を読む

内装工事の、置床(二重床)

置床工事は、以前の記事にも書きました。 2008年7月6日の記事、乾式遮音二重床(ユニットフロア)

記事を読む

塗床工法(フェロコンハード)

床仕上材の一つ、塗床工法を紹介します。 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「建築工事共通仕様書」にお

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑