杭・地業工事

杭圧入工法

投稿日:

総入場者数 1,042 人

今回は杭工事です。
紹介するのは、数ある工法のなかの「圧入工法」です。
杭を構築する工法としては、
打撃系
圧入系
掘削系
ハイブリッド系
等があります。
そのなかの「圧入系」とは、油圧による静荷重を用いて、既製杭を地中に押し込む工法です。
それでは、さっそく施工手順を説明します。
今回の圧入工法(プレボーリング併用)は、「オチパイル圧入工法」です。
越智建設株式会社」さんのホームページを参考にさせていただきました。

現場に専用杭打機がやってきました↓
(クリック拡大)
杭打機01

材料(PC既製杭 250mm)も搬入されます↓
(クリック拡大)
杭材料01 杭材料02

1.オーガーを杭芯に鉛直にセットします。
(クリック拡大)
杭圧入工法01

・杭芯ずれ対策として専用のパイルスケールを使用します。
・使用するオーガー径は、杭径と同径とします。

2.オーガーで掘削します。
(クリック拡大)
杭圧入工法02

・オーガーの鉛直性は、掘削開始前に水準器によりチェックします。
・掘削速度は、孔壁の崩壊や孔曲がりが生じないよう、0.4m/sec以下とします。

3.逆回転でオーガーを引き抜きます。

・急激なオーガーの引抜きにより、先端地盤に負圧が発生し、ボイリングを引起す可能性があるため、引抜き速度は掘削速度に準じます。

4.杭を地面に垂直に建て込みます。
(クリック拡大)
杭圧入工法03

・杭の鉛直性は施工助手が2方向以上から確認し、最終的には、杭に水準器等を用いてチェックします。

5.油圧で所定の高さまで、杭を圧入します。
(クリック拡大)
杭圧入工法04

・押込み速度は、鉛直性を確保するため、砂質土、粘性土とも0.2m/sec以下とします。

以上で完了です。
他の工法と違い、とても簡易で迅速な施工が可能です。
また、水やセメントを使用しないため、現場がきれいに仕上がります。
それにしても、杭工事はいろいろな工法があり、また年々進化しているのではないでしょうか。

建築工事標準仕様書・同解説 JASS 3・土工事および山留め工事、JASS 4・杭・地業および基礎工事
建築技術者のためのJASS4杭工事Q&A(2005)




-杭・地業工事
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.