建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

現場で必ず役に立つ「スラブ開口補強筋」についての知識!

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 総入場者数 22,481 人
鉄筋工事 , , , , , , , , , , , , ,

記事数17回目の鉄筋工事です。

前回は、壁開口補強筋を紹介しました。

今回は、スラブ開口補強筋です。

RC造の場合、床(スラブ)に開口を設ける際には、当然ですが、鉄筋にて補強を施します。

その形状は壁と同じように、開口部四方周辺と、開口部の四方隅に斜めに補強します。

一般的に、開口部の寸法が700mm以上になる場合は、受け梁等を開口端部に設置します。

700mm以内の場合は、下図に倣った補強筋を施します。

これは、鉄筋配筋要領図、標準配筋要領図、 鉄筋コンクリート構造配筋標準図、国土交通省大臣官房長官営繕部「公共建築工事標準仕様書」をもとにした標準図、において、基準とされています。

(クリック拡大)

つまり、スラブ開口が700mm以下の場合は、開口によって切られる鉄筋と同量の鉄筋で周囲を補強し、隅角部に斜め筋を上下の鉄筋の内側に配筋します。

ここには、壁開口補強と同じように、L1という表現を使用しています。

再掲しますが、L1とは、鉄筋の太さ×40です。

例えば、D13ですと、13*40=520mmとなります。

スラブ開口の最大径が両方向の配筋間隔以下で鉄筋を緩やかに曲げることにより、開口部を避けて配筋できる場合は、補強を省略することができます。

孔径が100 mm以下のとき等は、床スラブ配筋間隔以下となるので、補強は設けず、200mmくらいまでは緩やかに曲げて納めます。

スラブ配筋が、縦横200mmで、そこに設備スリブ150φがぶつかった場合なども同様です。

下記写真は、某現場において、設計図書に基づいた、スラブ開口補強の状況です↓

(クリック拡大)

写真を見ると、開口補強筋がどのように入れられているのか、一目瞭然だと思います。

スラブ開口補強は、鉄筋工事の数あるチェックポイントのひとつです。

確実な施工管理が求められます。

鉄筋最前線―鉄筋工事の「なぜ?」を解きほぐす

鉄筋工事・仮枠工事などに千吉 細ハッカー




**関連記事も御覧下さい**

鉄筋工事 (ガス圧接)

下記写真は、某マンション(RC造10階建て)の、8階部分の梁の鉄筋をつないでいる作業状況です。

記事を読む

壁の配筋作業において予想される災害(建築工事現場)

今回は、RC造の壁配筋作業における「危険有害要因の特定」に関して、説明します。 つまり、壁の鉄筋を

記事を読む

鉄筋受架台

鉄筋組立工事において、使用する仮設資材を紹介します。 「鉄筋受架台」と呼ばれ、主に基礎における地中

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑