見積書

塗装工事の見積内訳書

投稿日:2007年6月23日 更新日:

総入場者数 6,939 人

塗装工事の見積書を紹介します。
この工種の見積書は、一般的に外部と内部に分ける事が多いです。
同じ材料を同じ部位に塗布したとしても、作業環境(内外)の違いから単価が違ってくるというのがその理由です。
通常は、材料と手間を一緒にした複合単価を書き込みます。
塗装の種類を内訳部分に書き入れ、さらに施工する部分及び下地の種類を記入します。
施工する部位の種別は、床、壁、天井などとわけます。
当然作業体勢等が違ってきますので、同じ材料でも単価が違います。
下地(素地と呼びます)の種類(どのような下地に塗装するのか)により、さらに単価が違ってきます。
建築工事の対象となる素地は、コンクリート、ALC、押出成形セメント板、木部、鉄部、石膏ボード、ボード、モルタルなどです。
素地ごしらえ(下地処理)が、施工的に一番大切な作業で、価格にも影響してきます。
また、高さ3m、長さ10mの壁を塗装する場合、「30m2*単価=金額」となりますが、1m幅ごとに色を変えるとなると、使用する材料の量は同じですが、手間が大幅に違ってきます。
このように、塗装工事は、養生手間にかかる費用にて、かなりの差が出てきます。
材料の種類は多々あるのですが、一般的には、下記見積書に明示している種類が主です。
下記にて紹介している内訳書は、マンションの一例です。
最近は、外部はほとんどタイル張りが多く、塗装工事が減っているのが現実です。
但し、どのような建物でも、塗装工事がまったくない建物はほとんどなく、仕上げ工事の重要な工種のひとつです。

         

 

 B建築工事 (単価、金額は参考価格)

 

  名   称仕 様数量単位単価金 額

 

 20塗装工事     

 

  <外部>     

 

 A壁 アクリル系吹付タイルコンクリート面40.8m21,20048,960

 

 B階段手摺 アクリル系吹付タイル同上304.5m21,200365,400

 

 C段裏 リシン吹付同上93.2m21,00093,200

 

 Dバルコニー上裏 リシン吹付同上645m21,000645,000

 

  <内部>     

 

 E床 防塵塗装ノンスリップ仕様74m22,000148,000

 

 F壁 AEPボード面16m23,00048,000

 

 G壁 アクリル系吹付タイルコンクリート面302.6m21,100332,860

 

 H壁 アクリル系吹付タイルボード面23.9m21,30031,070

 

 I天井 VPボード面128.7m21,200154,440

 

 J鋼枠 SOP幅140150.450075,200

 

 K木枠 OP幅15088.150044,050

 

  端数処理 1 -6,180

 

  合   計    1,980,000




-見積書
-, , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.