建築関連法

労働安全衛生法 安全管理

すぐに使える災害防止協議会テクニック3選(労働安全衛生法第30条)

特定元方事業者及びすべての関係請負人が参加する協議組織を設置すること。




建築基準法

「一級建築士 定期講習」体験談

平成18年12月20日に公布された新建築士法では、建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの建築士定期講習が義務付けられます。
 この建築士定期講習は、1日(講義及び○×式の修了考査、一級建築士定期講習6時間以上、二級及び木造建築士定期講習5時間以上)の講習となり、建築士事務所に属する建築士は、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う建築士定期講習の課程を修了することとされております。

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

マニフェストの定義(廃棄物処理法第12条の3)その法律記載!

マニフェスト

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

労働安全衛生法 安全管理

「統括安全衛生責任者」研修体験談

前回記事に書いた「監理技術者の更新講習」の2日後に、建設業労働災害防止協会(建災防)主催の、統括安全衛生責任者講習に行ってきました。 その時の様子を、記述致します。 今回は全部で、46人でした。 2人 ...



建設業法 その他 けんちく

監理技術者講習(建設業法第26条第2項)体験談

今回、私が更新した、監理技術者(かんりぎじゅつしゃ)とは、日本の建設業において現場の技術水準を確保すべく配置される技術者のことです。
更新が5年に一度あり、「技術者免許更新」を行い、「技術者講習」を受講しなければなりません。
手続きがふたつに分かれており、非常に面倒です。

© 2020 「けんけんちくちく」建築情報 Powered by AFFINGER5