安全管理

労働災害を発生させないで、工事を完了させるための、安全管理。




安全管理

「ハインリッヒの法則」と「バードの法則」を比較してみた、その結論は?

労働災害において、発生割合を分析すると、重症災害の起こる割合が「1」に対して、軽症災害が起こる割合が「10」、物損事故が「30」、事故にはつながらなかったが、ヒヤッとした、ハッとした(ヒヤリハット)の割合が「600」になるという法則です!

労働安全衛生法 安全管理

工事現場に必要!「化学物質リスクアセスメント」SDSデーターシート

今回は、「化学物質リスクアセスメント」について、説明します。 以下、建設業労働災害防止協会が、発行した、「建設業における化学物質取扱い作業のリスクアセスメントについて」の、文章抜粋です。 平成 26 ...

安全管理

「消火訓練」で学ぶ仕事術(真冬の建築工事編)

消火訓練は、現場火災発生時に、適切で迅速な対応ができるよう、併せて現場で働いている全ての作業員及び職員の防火意識の向上を図ることが、目的です。

安全管理

「ハインリッヒの法則」と「ヒヤリハット」の関連性を追求してみた!

1つの重大事故の背後には、29の軽微な事故があり、その背景には、300のヒヤリハット(異常) が存在するという法則です。

no image

安全管理 帳場の一日

帳場の一日シリーズ。。。とっても寒い安全大会です!(冬の北海道編)

「それでは、引き続き第6回○○現場の安全大会をおこないます。



労働安全衛生法 安全管理

重機の積込みには危険がいっぱい!(危険予知訓練)建築工事現場編

今回は、重機の積み卸しの際に起こりうる災害について考えてみました。

ユンボ(重機)の事故は、段差乗り越え時や、車両の積み卸しの時が一番多いそうです。

乗車中の横転は、即死亡事故にもなりかねません。

それでは早速、危険予知訓練です。

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.