解体工事

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

これを知らないと現場出来ません!「建設リサイクル法」の概略

「コンクリート、アスファルト、木材など特定資材を用いる建築物を解体する際に廃棄物を現場で分別し、資材ごとに再利用することを解体業者に義務づける」
このような法律です。




解体工事 産廃処理

アスベスト廃棄物の集積、運搬、処分(その作業手順)

1.撤去したアスベスト成形板の集積及び運搬車輌への積み込みは、破断、ビニル袋の破損の無い様、努めます。
2.破砕されたアスベスト成形板は、湿潤化の上、ポリエチレン袋に、密封します。
3.撤去したアスベスト成形板は、一般の内装材と分別して一定の場所に仮置きします。
仮置きは、アスベスト成形板であることの表示を行い、全体をシートで覆います。

解体工事 産廃処理

アスベスト処理 (レベル3) その2(発じん性が比較的低い作業)

アスベスト処理 (レベル3) その2

解体工事 産廃処理

アスベスト処理 (レベル3) その1(発じん性が比較的低い作業)

アスベスト処理 (非飛散形)

建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

マニフェストの定義(廃棄物処理法第12条の3)その法律記載!

マニフェスト



建設リサイクル法 解体工事 産廃処理

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

産廃処理管理-クレダス(CREDAS)

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.